BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ゲーマー向けX58マザーボード  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーマー向けX58マザーボード

2011 - 03/04 [Fri] - 11:00

GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)は2011年3月2日、ゲーマー向けマザーボード「G1-Killerシリーズ」3モデルの新規取り扱いを発表した。ラインナップは3モデルで、発売はいずれも3月4日金曜日。


■生粋のゲーマー向けマザーボード。発売日は3月4日に決定

G1.Assassin 市場想定売価税込51,000円前後(3月4日発売)
http://www.cfd.co.jp/gigabyte/motherboard/g1-assassin.html
http://www.gigabyte.jp/products/product-page.aspx?pid=3752
G1.Sniper 市場想定売価税込40,000円前後(3月4日発売)
http://www.cfd.co.jp/gigabyte/motherboard/g1-sniper.html
http://www.gigabyte.jp/products/product-page.aspx?pid=3760
G1.Guerrilla 市場想定売価税込35,000円前後(3月4日発売)
http://www.cfd.co.jp/gigabyte/motherboard/g1-guerrilla.html
http://www.gigabyte.co.jp/products/product-page.aspx?pid=3776#ov

 2011年1月24日付けプレスリリースで一報をお届けしたGIGABYTEブランドが“生粋のゲーマー向けマザーボード”と位置付ける「G1-Killerシリーズ」3モデルが今週末より発売される事が分かった。
 いずれもIntel X58 Express/ICH10Rチップセットを採用するLGA1366対応マザーボードで、独自規格「Ultra Durable 3」に対応。堅牢・超耐久基板(「Super Shield」)の冷却には新設計ヒートパイプデザインを採用し、ピストル、ライフルおよび銃弾クリップなど、戦闘地域に配備される兵士が使用する銃器がイメージされている。

 その他16または8フェーズ電源回路設計、3TB HDDからパーティションなしでブート機能をサポートするDual BIOSをはじめ、内蔵フロント・オーディオ・ヘッドフォン・アンプは150Ω駆動に対応し、センター/サブ・ウーファー、リア・スピーカー、サイドサウンドおよびライン・アウトに対して4つのアンプをオンボードで追加装備。各チャンネルレイアウトにはニチコン製MUSE ESシリーズおよびMWシリーズ両極性音声用コンデンサが搭載されている。
 また、ゲーマー向けマザーボードとしての特徴として、Bigfoot Networks Killer E2100ゲーム・ネットワーキング・プラットフォームを実装。NPU(ネットワーキングプロセシングユニット)は、専用のDDR2 1GBメモリを搭載し、CPUのネットワークに関する処理負担が軽減できる。

G1.AssassinG1.Sniper
G1.AssassinG1.Sniper
G1.Guerrilla 
G1.Guerrilla 

 「G1.Assassin」(XL-ATX)は、DDR3 2200/1600/1333×6(最大24GB)、PCI-Express(x16)×4(2本はx8動作/3way NVIDIA SLI&4way ATI CrossFireX対応)、PCI-Express(x1)×2、PCI×1、SATA3×2、SATA2×6、eSATA×2、USB3.0×8、USB2.0×8。その他Creative HW audio 20K2、ギガビットLAN(Bigfoot Killer 2100)など。

 「G1.Sniper」(ATX)は、DDR3 2200/1600/1333×6(最大24GB)、PCI-Express(x16)×3(1本はx8動作/3way NVIDIA SLI&ATI CrossFireX対応)、PCI-Express(x1)×2、PCI×1、SATA3×2、SATA2×6、eSATA×2、USB3.0×4、USB2.0×12。その他Creative HW audio 20K2、ギガビットLAN(Bigfoot Killer 2100)など。

 「G1.Guerrilla」(ATX)は、DDR3 2200/1600/1333×6(最大24GB)、PCI-Express(x16)×3(1本はx8動作/3way NVIDIA SLI&ATI CrossFireX対応)、PCI-Express(x1)×2、PCI×1、SATA3×2、SATA2×6、eSATA×2、USB3.0×4、USB2.0×12。その他Realtek 8ch Dolby Home Theater、ギガビットLAN(Bigfoot Killer 2100)など。

オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。