BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 「Light Tab」で提案する安かろうよかろう路線  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Light Tab」で提案する安かろうよかろう路線

2011 - 03/06 [Sun] - 18:00

 「iPad 2」が発表され、世の中がちょっとだけ騒がしくなったその翌々日、ひっそりと発売される日本通信の「Light tab」。7型タッチパネルを持つZTE製のAndroidタブレットだ。今回は、この製品に託された日本通信の意図を考えてみることにしよう。

●気軽に手に入る7型タブレット

 今年(2011年)はタブレット元年とも言われる。かつて、Windowsタブレットが果たし得なかったタブレットコンピューティングスタイルを、昨年(2010年)発売されたiPadがアッという間に流行らせたのは記憶に新しいし、3月3日には新製品のiPad 2も発表されている。そのトレンドの勢いに、Windows PCでさえ、スレートPCとしてのリスタートをもくろんでいる。

 以前にもここで書いたように、ぼくは、個人的にはGalaxy Tabのユーザーで、その存在感にはすこぶる満足している。9.7型液晶のiPadは、ぼく自身のライフスタイルを変えるには至らなかったが、7型タブレットは明らかに暮らしの中に溶け込んだ。約700g、9.7型のタブレットを持ち歩くなら、あと200gをガマンしてノートPCを携帯したほうがつぶしがきくという判断がそこにあった。

 7型タブレットのサイズ感やその使い心地は、やはり、一般的には中途半端感があるようで、実際に持ち歩いて使ってみなければ、その優位性は理解してもらえないらしく、先駆けともいえるGalaxy Tabは、苦戦を強いられているようだ。それに、話題のAndroid 3.0、いわゆるHoneyComb搭載のタブレットも各社から発売がアナウンスされているようだが、7型よりはひとまわり大きく重いものが先行してリリースされるようだ。また、話題のiPad 2も9.7型を維持している。多少は軽くなったようだが、実際の使い勝手が気になるところだ。



■山田祥平のRe:config.sys■ 日本通信が「Light Tab」で提案する安かろうよかろう路線

オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。