BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 廉価版H61チップ搭載Micro ATXマザー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廉価版H61チップ搭載Micro ATXマザー

2011 - 03/09 [Wed] - 11:00

BIOSTAR Microtech International Corp(本社:台湾)国内正規代理店の株式会社エムヴィケー(本社:東京都千代田区)は2011年3月7日、Intel H61 Expressチップセットを搭載するLGA1155対応Micro ATXマザーボード「H61HM」の新規取り扱い開始を発表した。市場想定売価は税込6,300円前後で、先週末より発売が開始されている。


■エントリークラスながらBIOSTAR色も濃いH61 Expressマザーボード

H61MH 市場想定売価税込6,300円前後(発売中)
http://www.mvkc.jp/product/biostar/motherboard/lga1155/h61mh.php
http://www.biostar.com.tw/app/en/mb/content.php?S_ID=525

 Intel 6シリーズチップセットの廉価版で、SATA3.0(6Gbps)を削除した「H61 Express」(B3ステッピング)を採用するMicro ATXマザーボードの新製品。対応ソケットはLGA1155。

 エントリークラスながら、高品質個体コンデンサをCPU周りに採用。iPhone等の充電速度を最大42%向上させる「Charger booster」機能や、スマートフォンをリモコンとして様々な操作ができる「BIO Remote2」機能、さらにオンライン経由でBIOSアップデートができるなど、BIOSTARオリジナル機能も装備されている。

 主なスペックは、DDR3 1333/1066×2(最大8GB)、PCI-Express2.0(x16)×1、PCI-Express(x1)、PCI×2、SATA2.0(3Gbps)×4、ギガビットLAN(Realtek RTL8111E)、6ch HD Audio(Realtek ALC662)。外部インターフェイスはUSB2.0×8、DVI×1、HDMI×1など。

オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。