BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ASUSのIntel C206搭載マザー―“P8B WS”  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASUSのIntel C206搭載マザー―“P8B WS”

2011 - 03/30 [Wed] - 15:00

Asus P8B WS C206 LGA-1155 unveiled ahead of launch(SemiAccurate)

Intelはまだ“SandyBridge”世代の1-way向けXeonとなるXeon E3-1200もその対応チップセットであるIntel C200シリーズを正式発表していない。しかし、一部ではIntel C200シリーズ搭載マザーボードのスペックが明らかになりつつある。そして今回ASUSの“P8B WS”マザーボードのスペックが明らかになった。
 
“P8B WS”はIntel C206チップセットを搭載する。このC206チップセットはC200シリーズの中では唯一“SandyBridge”に内蔵されているGPUを使用できるチップセットである。“SandyBridge”向けのASUSのワークステーションマザーというと“P8P67 WS Revolution”を思い出す人もいるかもしれないが、この“P8B WS”はコンシューマ向けに見られるようなOC機能などは省かれている。一方で、Xeonを搭載するため、ECCメモリへの対応がなされている。メモリはDDR3-1066 / 1333 / 1600に対応する。

拡張スロットはPCI-Express x16が4本、PCI-Express x1スロットが1本、PCIスロットが1本となる。このうちPCI-Express x16は1本目と2本目がx16レーンを共有し、SLI / CrossFireを動作させる場合はx8レーン2本として動作する。残る2本はどちらもx4レーンとなる。

P8B WS
規格ATX
SocketLGA1155
チップセットIntel C206
メモリ2-ch DDR3-1066 / 1333 / 1600
4スロット, ECC対応
拡張スロットPCI-Express 2.0 x16:2
PCI-Express 2.0 x16(x4レーン):2
PCI-Express x1:1
PCI:1
S-ATA / P-ATAS-ATA 6.0Gbps:2
S-ATA 3.0Gbps:4
USB / IEEE1394USB 3.0:2
USB 2.0
FireWire
その他GigabitEthrenet:Intel 82574L
7.1ch Audio




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。