BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ASRock製のAMD Socket AM3+対応マザー4種  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASRock製のAMD Socket AM3+対応マザー4種

2011 - 03/30 [Wed] - 18:00

ASRock Incorporation(本社:台湾台北)国内正規代理店のマスタードシード株式会社(本社: 東京都品川区)は2011年3月25日、AMD Socket AM3+に対応するマザーボード4機種を発表した。発売はいずれも4月1日の予定。


■AMD次世代8コアプロセッサに対応する新製品マザーボード4種

890FX Deluxe5 市場想定売価税込19,480円前後(4月1日発売)
http://www.mustardseed.co.jp/
products/asrock/motherboard/890fx_deluxe5.html

http://www.asrock.com/mb/overview.jp.asp?Model=890FX%20Deluxe5
890GX Pro3 市場想定売価税込11,480円前後(4月1日発売)
http://www.mustardseed.co.jp/
products/asrock/motherboard/890gx_pro3.html

http://www.asrock.com/mb/overview.jp.asp?Model=890GX%20Pro3
880G Pro3 市場想定売価税込10,280円前後(4月1日発売)
http://www.mustardseed.co.jp/
products/asrock/motherboard/880g_pro3.html

http://www.asrock.com/mb/overview.jp.asp?Model=880G%20Pro3
880GMH/U3S3 市場想定売価税込9,480円前後(4月1日発売)
http://www.mustardseed.co.jp/
products/asrock/motherboard/880gmh_u3s3.html

http://www.asrock.com/mb/overview.asp?Model=880GMH/U3S3

 開発コードネームBulldozerで知られる次世代アーキテクチャの8コアプロセッサAMD Socket AM3+に対応するATXマザーボード3種とMicroATX1種。いずれもブラックCPUソケットおよび、マザーボードの放熱速度、冷却効率を向上させる新開発「ツーピース・リテンション・モジュール」を搭載。その他ASRockオリジナル機能「App Charger」や「ASRock AIWI」など、独自技術も装備されている。


■890FX Deluxe5

 2.5倍長寿命「Premium Gold Cap」、ゴールドコーティングが施された100%日本製高品質導電性高分子コンデンサを採用する2オンス銅箔PCBモデル。V8+2電源フェーズデザインを採用し、3D性能を引き上げるCrossFireXに対応。フォームファクタはATX。
 チップセットはAMD 890FX+SB850で、スペックはDDR3-1866/1800/1600/1333/1066/800MHz×4(最大32GB)、PCI-Express2.0(x16)×2、PCI-Express(x16)×1(x4動作)、PCI-Express(x1)×2、PCI×2、SATA3.0(6Gbps)×6/×2(Marvell 88SE9120)、eSATA×1(SATAポート排他)、IDE×1、FDD×1、USB3.0×4、USB2.0×10、IEEE1394a×2、ギガビットLAN(Realtek RTL8111E)、8ch HD Audio(Realtek ALC892)など。

■890GX Pro3

 100%導電性高分子コンデンサや4+1電源フェーズデザイン、CrossFireXに対応するAMD 890GX+SB850チップATXマザーボード。搭載グラフィック機能はAMD Radeon HD 4290で、DVI-D、HDMI、D-Subの3系統を装備する。
 スペックはDDR3-1866/1800/1600/1333/1066/800MHz×4(最大32GB)、PCI-Express2.0(x16)×2、PCI-Express(x16)×1(x4動作)、PCI-Express(x1)×1、PCI×3、SATA3.0(6Gbps)×5、eSATA×1、USB3.0×2、USB2.0×10、IEEE1394a×2、ギガビットLAN(Atheros AR8151)、8ch HD Audio(Realtek ALC892)など。

890FX Deluxe5890GX Pro3
890FX Deluxe5
890GX Pro3


■880G Pro3

 100%導電性高分子コンデンサや4+1電源フェーズデザイン、CrossFireXに対応するAMD 880G+SB850チップATXマザーボード。搭載グラフィック機能はAMD Radeon HD 4250で、DVI-D、HDMI、D-Subの3系統を装備する。
 スペックはDDR3-1866/1800/1600/1333/1066/800MHz×4(最大32GB)、PCI-Express2.0(x16)×1、PCI-Express(x16)×1(x4動作)、PCI-Express(x1)×1、PCI×3、SATA3.0(6Gbps)×5、eSATA×1、USB3.0×2、USB2.0×10、IEEE1394a×2、ギガビットLAN(Atheros AR8151)、8ch HD Audio(Realtek ALC892)など。

■880GMH/U3S3

 100%導電性高分子コンデンサを採用し、CrossFireXに対応するMicroATXモデル。チップセットはAMD 880G+SB710。搭載グラフィック機能はAMD Radeon HD 4250で、DVI-D、HDMI、D-Subの3系統を装備する。
 スペックはDDR3-1866/1800/1600/1333/1066/800MHz×4(最大32GB)、PCI-Express2.0(x16)×1、PCI-Express(x1)×1、PCI×2、SATA3.0(6Gbps)×2、eSATA×1、USB3.0×2、USB2.0×10、ギガビットLAN(Atheros AR8151)、8ch HD Audio(Realtek ALC892)など。

880G Pro3880GMH/U3S3
880G Pro3
880GMH/U3S3


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。