BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > “Barts LE”ことRadeon HD 6790のスペック  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Barts LE”ことRadeon HD 6790のスペック

2011 - 03/31 [Thu] - 18:00

Exclusive: Radeon HD 6790 based on Barts LE with 800 SPs(Nordic Hardware)
AMD Readies Radeon HD 6790(techPowerUp!)
AMD said to release Barts-powered Radeon HD 6790 next week - update(TechConnect Magazine)
AMD Radeon HD 6790 Specifications Surfaced(Expreview.com)
UPDATED: AMD Radeon HD 6790 Specifications Revealed(VR-Zone)

AMDはまもなくRadeon HD 6790なる新型ミドルレンジグラフィックカードをリリースする。このRadeon HD 6790は“Barts”コアをベースとしており、スペックとしてはRadeon HD 6800シリーズに近いものとなる。
なお、正式発表日は当初3月31日にが予定されていたが、若干遅れて4月5日に登場することになったようだ。
 
Radeon HD 6790は“Barts LE”と呼ばれていた。コアとしては“Barts”の名が示すとおりVLIW 5アーキテクチャを使用したものとなる。“Barts LE”はSIMD数が10、StreamProcessor数は800となる。つまり、Radeon HD 6850で使われている“Barts Pro”のSIMD数:12 / StreamProcessor数:960からさらにSIMDを2個削ったものが“Barts LE”となる。

一方で、メモリインターフェースは256-bitのまま据え置かれる。コア周波数は840MHzとRadeon HD 6850よりも引き上げられ、メモリ周波数もRadeon HD 6850よりも高い1050MHz(4200MHz)となる。
ただ、性能はRadeon HD 6850を下回るものと予想され、消費電力も6850よりも高くなる。Radeon HD 6850は消費電力が最大129Wであるが、6790では150Wとなり、補助電源コネクタも6-pin x2となる。


Radeon HD
6870
Radeon HD
6850
Radeon HD
6790
コア
プロセス
Barts XT
40nm
Barts Pro
40nm
Barts LE
40nm
StreamProcessor数1120
14 SIMD
960
12 SIMD
800
10 SIMD
コア周波数900MHz775MHz840MHz
Texture Units564840
搭載メモリGDDR5 1GBGDDR5 1GBGDDR5 1GB
メモリ周波数1050MHz
(4200MHz)
1000MHz
(4000MHz)
1050MHz
(4200MHz)
メモリインターフェース256-bit256-bit256-bit
ROPs323232
演算性能2.0TFlops1.5TFlops1.34TFlops
消費電力Idle:19W
Load:151W
Idle:19W
Load:129W
Idle:19W
Load:150W
その他UVD 3
Eyefinity technology
AMD HD3D
DisplayPort 1.2, HDMI 1.4a




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。