BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > “SandyBridge-E”に対応するチップセットの名はIntel X79  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“SandyBridge-E”に対応するチップセットの名はIntel X79

2011 - 04/01 [Fri] - 18:00

Intel X79 Roadmap leaked(VR-Zone)
Intel X79 chipset detailed, on track for Q4 launch(TechConnect Magazine)
Intel X79 Enthusiast Chipset Sketched in Roadmap(techPowerUp!)

中国語のWebサイトであるit.com.cnがIntelのデスクトップ向けチップセットの最新ロードマップをリークした。この中にIntel X79なるチップセットの名が記載されていた。
Intel X79は2011年第4四半期に予定されているエンスージアスト向けチップセットで現行のIntel X58の後継となる。Intel X79と対になるCPUはLGA2011の“SandyBridge-E”である。
 
“SandyBridge-E”の“E”はEnthusiastの“E”を表すものである。
コア数は4または6、キャッシュ容量は既存コアよりも増量されるものと思われる。メモリコントローラは4-ch DDR3-2666まで対応する。
また“SandyBridge-E”ではクロックジェネレータがCPU側に移される。


Intel X79のその他の特徴であるが、ストレージはS-ATA 6.0Gbpsが最大10、そしてS-ATAポートの総数は最大14となる。これに対応するため、DMI(あるいは同様の機能を果たす接続)の帯域が拡大されている。PCI-Express 2.0レーンは8本となる。そしてこれとは別に“SandyBridge-E”が有するPCI-Expresss 3.0レーンが32本ある。
一方、USBに関してはチップセットレベルでは2.0までの対応で、USB 3.0は別途ルネサスのチップを搭載することで対応する。


Intel X79の機能をまとめると以下のようになります。

Intel X79
接続バスDMI?
拡張スロットPCI-Express 2.0:8
PCI:非搭載
CPUからの
PCI-Exp.レーン
PCI-Express 3.0:32
x16レーン2本またはx8レーン4本に分割可能
S-ATA / P-ATAS-ATA(総数):14
※このうちSAS対応が8ポート
S-ATA 6.0Gbps:10
S-ATA 3.0Gbps:4
USB / IEEE1394USB 2.0:14
その他GigabitEthrenet
Audio




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。