BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > LGA1366 Core i7のクロックを更新する「Core i7-990X」を検証  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LGA1366 Core i7のクロックを更新する「Core i7-990X」を検証

2011 - 04/08 [Fri] - 15:00

 Intelは、LGA1366用プロセッサとして最高クロックモデルとなる「Core i7-990X Extreme Edition」(以下、Core i7-990X)を投入した。発表・発売からは少し月日が経ってしまったが、このパフォーマンスをチェックしてみたい。

●アーキテクチャに変更の無いCore i7-980Xの純粋な高クロック版

 Core i7-990Xは、32nmプロセスで製造された6コア12スレッドプロセッサだ。コードネームは「Gulftown」であり、Core i7-980Xをそのまま高クロック化したものである。ステッピングもリビジョンも変わらない。

 動作クロックは3.46GHzで、Turbo Boost時の最大クロックが3.73GHz。これはCore i7-980Xに対して、それぞれ133MHzほど引き上げられていることになる。ただしTDPは変わらず130W。また、VID電圧も0.8V~1.375V、T CASEも67.9度、とここも変わらない。つまり、実際の消費電力は多少変わるとしても、電圧/発熱面での仕様に違いは無い、ということになる。

 言うまでもなく、場合によってはBIOSの更新の必要があるにしても、これまでのLGA1366マザーボードでそのまま利用できる



LGA1366 Core i7のクロックを更新する「Core i7-990X」を検証

オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。