BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 「Amphisシリーズ」最上位モデル  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Amphisシリーズ」最上位モデル

2011 - 04/18 [Mon] - 18:00

全国で、パソコン工房・TWOTOP・Faithを展開する株式会社ユニットコム(本社:大阪市浪速区)は、パソコン工房ブランドのハイエンドゲームPC「Amphis BTO GSX 200シリーズ」1機種の発売を開始した。


■Quad SLI構成にCore i7-990X Extreme Editionを搭載した、BTOパソコン最上位モデル

Amphis BTO GSX 200iCi7EXG TYPE-SRXX4
基本構成売価税込529,980円(発売中)
http://www.pc-koubou.jp/pc/model/gsx200ici7exg-srxx4_main.php

 Intel最上位CPU「Core i7-990X Extreme Edition」を採用する「Amphis BTO GSX 200iCi7EXG TYPE-SRXX4」は、基本構成売価50万円を超えるハイスペック構成。
 NVIDIA最高峰のグラフィックスボード、デュアルGPUのGeForce GTX 590を2枚同時に搭載したマルチGPU「Quad SLI」構成とし、マザーボードにはASUSTeK「Rampage III Extreme」(Intel X58 Expressチップセット)を採用した最高峰のゲームパソコンだ。

 さらに、起動ディスクとして6GbpsのシリアルATAに対応のインテル製SSD「510シリーズ」120GBを2台RAID-0で搭載し240GBの容量を確保、Windows 7 Ultimate 64bit版をプリインストールし、OSの起動やさまざまなアプリケーションの動作が高速に行えるとしている。

 その他の標準スペックとして、3TBハードディスク、メインメモリはPC3-10600 DDR3 6GB(2GB×3)、エネルギー効率の高い「80PLUS GOLD」に対応した1200W電源ユニットCooler Master「RS-C00-80GA-D3」、10倍速書き込みが可能なBlu-ray「BH10NS30」、大型なサーバーボード規格「HTPX」にも対応したアルミニウムフルタワーATXケース(外形寸法W199×D420×H428mm)が採用されている。

 なお、標準構成には液晶モニタ、キーボード、マウスはオプション扱いとし、WEB注文の際選択が可能。製品保証は1年間。

オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。