BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > C-60が第3四半期に予定されている  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C-60が第3四半期に予定されている

2011 - 04/20 [Wed] - 18:00

AMD C-60 Gets TurboCore to CPU and GPU(techPowerUp!)
Rumor: AMD plans Ontario chip with Turbo Core(The Tech Report)
AMD readies more Ontario APUs(Fudzilla)
AMD to release C-60 with Turbo Core in Q3(Macles)

AMDはネットブック及び組み込み向けの“Fusion”であるC-seriesの上位モデルとしてC-60を計画している。C-60は2-coreで定格周波数はC-50と同じ1.00GHzであるものの、Turbo Core technologyに対応し、最大1.33GHzまで周波数が上昇する。また、内蔵されているGPUもTurbo Core technologyに対応しており、定格時は276MHz、Turbe Core時400MHzとなる。
C-60は第3四半期に予定されている。


以下に今後登場予定のモデルを含めた“Zacate / Ontario”のラインナップを掲載します。
 
Zacate / Ontario(40nm / DirectX 11 / PCI-Exp. 2.0 x4)
CPUコアコア数定格周波数
TB時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
GPUコアSP数GPU周波数
E-450
Zacate
Bobcat
2-core1.65GHzL2=512kB x218W1ch
DDR3-1333
DDR3L-1066
'11Q3
Radeon HD
6320
80sp500MHz
TC 600MHz
E-350
Zacate
Bobcat
2-core1.60GHzL2=512kB x218W1ch
DDR3-1333
DDR3L-1066
Radeon HD
6310
80sp492MHz
E-300
Zacate
Bobcat
2-core1.30GHzL2=512kB x218W1ch
DDR3-1333
DDR3L-1066
'11Q3
Radeon HD
6310
80sp488MHz
E-240
Zacate
Bobcat
1-core1.50GHzL2=512kB18W1ch
DDR3-1333
DDR3L-1066
Radeon HD
6310
80sp500MHz
C-60
Ontario
Bobcat
2-core1.00GHz
TC時1.33GHz
L2=512kB x29W1ch
DDR3-1066
DDR3L-1066
'11Q3
Radeon HD
6250
80sp276MHz
TC 400MHz
C-50
Ontario
Bobcat
2-core1.00GHzL2=512kB x29W1ch
DDR3-1066
DDR3L-1066
Radeon HD
6250
80sp276MHz
C-30
Ontario
Bobcat
1-core1.20GHzL2=512kB9W1ch
DDR3-1066
DDR3L-1066
Radeon HD
6250
80sp277MHz
備考GPUには動画再生支援機構としてUVD 3.0搭載




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。