BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > “Waimea Bay”プラットフォームと“SandyBridge-E”  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Waimea Bay”プラットフォームと“SandyBridge-E”

2011 - 04/27 [Wed] - 11:00

Sandy Bridge-E consumes up to 130 watt(NordicHardware)
Special Report: 8-core processor for Intel's 2011 plan to(Donanimhaber.com / トルコ語)

Donanimhaber.comが“SandyBridge-E”に関するスライドをリークし、そこにTDPについても書かれていた。そのスライドによると“SandyBridge-E”のTDPは130Wとなるようである。
ここでこのTDP130Wという数字が全ての“SandyBridge-E”に当てはまるのかという疑問が生じる。まず6-coreのモデルに関しては特に議論にはならないだろう。4-coreのモデルに関しても周波数を高めるため、TDP130Wの枠になるのではないかと思われる。
ちょうど現行のデスクトップ向けLGA1366 processor群が全てTDP130Wとなっているような形となるだろう。


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。