BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > Intel Z68に搭載されるSSD Cachingの詳細  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intel Z68に搭載されるSSD Cachingの詳細

2011 - 04/28 [Thu] - 11:00

Intel SSD Caching Feature for Z68 Chipset Explored(VR-Zone)

Intelは5月18日にZ68チップセットをリリースする。レビューに関しては12日に掲載されるだろう。
このZ68チップセットではSSD cachingと呼ばれる機能が追加される。SSD cachingは公式にはIntel Smart Response technologyと呼ばれ、Rapid Storage technology(RST)10.5から追加されている。このSSD cachingはHDDとSSDを組み合わせ、SSDをキャッシュのように使用するものである。SSD cachingを構築したHDDとSSDは1つのドライブとして認識され、SSDのために新たなドライブ文字を使用する必要はない。


主なシステム要件は以下の通り。
 
  ・Intel Z68チップセット+Core i
  ・BIOSでRST Smart Storage cachingが有効化されている
  ・S-ATAの動作モードはRAIDモード
  ・Intel RST 10.5以上
  ・キャッシュとできるSSDの容量は18.6GB~64GB
  ・キャッシュとできるSSDはシステムあたり1台まで

動作モードとしてはOFF / Enhanced(Default) / Maximizedの3モードがあります。ストレージ性能を重視する場合はMaximizedが選ばれることになりますが、その分ストレージの故障・エラーによるデータ消失の危険性は高まります。

PerfomanceDual Boot SafeData caching
EnhancedBoot-time
Run-time read
Paging
有効Write-Through
MaximizedBoot-time
Run-time reads
Run-time writes
Paging
無効Write-Back



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。