BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > Intel 7 seriesのスペック  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intel 7 seriesのスペック

2011 - 04/30 [Sat] - 18:00

Intel's new chipsets for LGA 1155 and Ivy Bridge appears(NordicHardware)
Intel's LGA1155-supporting 7 Series chipsets outed, have USB 3.0, PCIe 3.0(TechConnect Magazine)
Ivy Bridge CPUs Feature PCI-Express 3.0(techPowerUp!)

2012年上半期にIntelは22nmプロセスの“IvyBridge”をリリースする予定である。“IvyBridge”はLGA1155に対応し(以下、便宜的にLGA1155対応の“IvyBridge”を“IvyBridge-H2”と表記する)、現行のIntel 6 seriesマザーボードにも載せることができるが、“IvyBridge-H2”のリリースと同時に新型チップセットであるIntel 7 seriesが投入される。このIntel 7 seriesではUSB 3.0とPCI-Express 3.0に対応することになる。
 
“IvyBridge-H2”向けのIntel 7 seriesはリテール向けがZ77, Z75, H77の3種類である。これにビジネス向けのQ77, Q75, B77が加わるが、今回はリテール向けの3種類について主に話をする。

Z77, Z75, H77の3種類はいずれもD-sub, DVI, HDMI, DisplayPortをサポートし、3画面出力まで対応する。USB 3.0は4ポートを搭載する。また“IvyBridge-H2”を使用した場合はProcessor側が有するPCI-Express 3.0に対応する。なお、チップセットそのものが搭載しているPCI-ExpressはGen. 2.0が4レーンである。
ストレージ関係はS-ATA 6.0Gbpsが2ポート、3.0Gbpsが4ポートとなり、3種類ともIntel Rapid Storage technologyに対応するが、Z75はSmart Response technology(SSD caching)には対応しない。


Z77Z75H77
接続バスDMI
PCI-Express
(CPU由来)
PCI-Express 3.0:16
16 x1 / 8 x2 / 8 x1 + 4 x2
PCI-Express 3.0:16
16 x1 / 8 x2
PCI-Express 3.0:16
16 x1
拡張スロットPCI-Express 2.0:8
S-ATA / P-ATAS-ATA 6.0Gbps:2
S-ATA 3.0Gbps:4
Intel RST
SSD caching
S-ATA 6.0Gbps:2
S-ATA 3.0Gbps:4
Intel RST
S-ATA 6.0Gbps:2
S-ATA 3.0Gbps:4
Intel RST
SSD caching
USBUSB 3.0:4
USB 2.0:10
USB 3.0:4
USB 2.0:10
USB 3.0:4
USB 2.0:10
画像出力DVI, HDMI, DisplayPort, D-sub
3画面出力対応


オーバークロックに関してはZ77とZ75が対応し、H77は非対応となります。
また、3モデルともGigabit Ethrenet MACとHD audioを搭載します。


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。