BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > “Llano”ではBIOSに代わりCorebootが使用される  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Llano”ではBIOSに代わりCorebootが使用される

2011 - 05/12 [Thu] - 15:00

AMD to use Coreboot in Llano, other upcoming parts(Fudzilla)
(参考)
Welcome to coreboot(Coreboot.org)

AMDは“Llano” APUでBIOSに代わり、Coreboot technologyを使用する計画を立てている。
Coreboot technologyはこの数年でサーバーや組み込み向けで使用されるようになっている。しかし、一般向け製品でBIOSを置き換えるに至ったのは今回が最初である。


Corebootは大雑把に言ってしまうとLinuxカーネルを軽量化し、柔軟性を増したものである。CorebootではEthrebootやSeaBIOSのようなStand-alone ELF executables(無理やり訳すとスタンドアロン実行可能なELF・・・。ELF自体はExecutable and Linking Format:実行可能かつリンクも可能なフォーマットで、Linuxなどの実行ファイルフォーマットや組み込み機器開発で使われているよう)を読み込むことができる。

AMDはCoreboot technologyが極めて多方面のアプリケーションやマーケットで使えるとし、さらに省電力化にも貢献するとしている。

オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。