BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > OCZ、SATA3.0(6Gbps)対応2.5インチSSD  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OCZ、SATA3.0(6Gbps)対応2.5インチSSD

2011 - 05/13 [Fri] - 11:00

OCZ Technology(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2011年5月10日(現地時間)、SATA3.0(6Gbps)インターフェイスを備える2.5インチSSDの新製品「Agility 3シリーズ」および「Solid 3シリーズ」を発表した。


■加速するOCZ Technology SATA3.0(6Gbps)I/Fラインナップ

Agility 3シリーズ
AGT3-25SAT3-60G(60GB)/AGT3-25SAT3-120G(120GB)
AGT3-25SAT3-240G(240GB)
http://www.ocztechnology.com/ocz-agility-3-sata-iii-2-5-ssd.html
Solid 3シリーズ
SLD3-25SAT3-60G(60GB)/SLD3-25SAT3-120G(120GB)
http://www.ocztechnology.com/ocz-solid-3-sata-iii-2-5-ssd.html

AgilitySolid 3
Agility 3シリーズSolid 3シリーズ

 4月に発表された「Vertex 3シリーズ」「Vartex 3 Max IOPSシリーズ」に続く、SATA3.0(6Gbps)インターフェイスを備えた2.5インチSSD新モデル2シリーズが発表された。

 「Agility 3シリーズ」は、MLC NANDフラッシュを搭載し、60GB/120GB/240GBの3容量を用意。Windows 7 Trimコマンド、RAIDに対応し、MTBF2,00,000時間、3年間のメーカー保証が提供される。
 転送速度は共通で最大読込525MB/sec、最大書込は60GBで475MB/sec、120GB/240GBで500MB/sec。ランダム読込4KBは60GB/120GBで50,000 IOPS、240GBで45,000 IOPS。

 「Solid 3シリーズ」は、60GBと120GBの2容量ラインナップ。Windows 7 Trimコマンド、RAIDに対応し、MTBF2,00,000時間、3年間のメーカー保証が提供される。
 転送速度は共通で最大読込500MB/sec、最大書込450MB/secで、ランダム読込4KBは20,000 IOPS。

オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。