BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > “Llano”の3Dゲーム性能スコア  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Llano”の3Dゲーム性能スコア

2011 - 05/14 [Sat] - 11:00

AMD puts Llano against Sandy Bridge in game benchmarks(NordicHardware)
AMD A-Series APUs Tested Against Sandy Bridge CPUs at Gaming on IGP(techPowerUp!)
AMD's Fusion A-series processors contain the world's most advanced integrated GPU'sunu(DonanimHaber.com)

DonanimHaber.comが“Llano”に関するプレス資料をリークした。AMDはこの資料中で“Llano”の内蔵GPUの5つのゲームタイトルのベンチマークスコアを掲載し、それぞれを“SandyBridge”と比較している。
 
“Llano”はCPUコア部分はPhenom IIコアをベースとした“Husky”を用い、最大コア数は4となる。一方、GPUはStreamProcessor数が400である。CPUとGPUのノースブリッジは共有される。そして“Llano”全体のダイサイズは226mm2となる。また、CPU 2-core+GPU 160spのものも登場する。

“Llano”はCPU性能は劇的に上がるというものではないが電力効率は向上している。“Llano”はグラフィック性能に重きがおかれている。


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。