BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > Intel SSD 311とGigabyteのmSATAコネクタ搭載マザーボード  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intel SSD 311とGigabyteのmSATAコネクタ搭載マザーボード

2011 - 05/16 [Mon] - 11:00

Intel introduces the 311 Series SSD, targets Z68-based systems(TechConnect Magazine)
Intel to Refresh Lineup of Solid-State Drives This Quarter.(X-bit labs)
Intel 311 Series SSD disclosed(HEXUS)
Gigabyte to release four Z68 motherboards with an mSATA connector(TechConnect Magazine)
Gigabyte Readies mSATA-Equipped Z68 Motherboards, Bait mSATA Larson Creek SSD Modules(techPowerUp!)
Gigabyte Z68 boards feature on-board SSD slot(bit-tech)

Z68で新たに搭載されたIntel Smart Response technology向けとして、Intelは3月11日、Intel SSD 311(“Larsen Creek”)を正式発表した。容量は20GBであるが、SSD+HDDの使用に特化している。
 
Intel SSD 311はSmart Response technology(SRT)用として、HDDと組み合わせてストレージ性能を上げるものである。SRTは頻回に使われるファイルはSSDにコピーを置くことでHDD単体よりもアクセス速度を向上する。

Intel SSD 311の価格は$100である。また使用されるフラッシュメモリは34nm SLC NANDである。対応インターフェースはS-ATA 3.0Gbpsで2.5インチまたはmS-ATAフォームファクタで提供される。MTBFは120万時間である。
Sequential readは200MB/s、writeは105MB/sとなる。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。