BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > GeForce GTX 560が正式発表される  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GeForce GTX 560が正式発表される

2011 - 05/19 [Thu] - 11:00

NVIDIA's GeForce GTX 560: The Top To Bottom Factory Overclock(AnandTech)
Nvidia's GeForce GTX 560 graphics processor(The Tech Report)
EVGA GeForce GTX 560 SC Video Card Review(Legit Reviews)
ASUS (NVIDIA) GeForce GTX 560 graphics-card review(HEXUS)
GeForce GTX 560(4Gamer.net)
ゲーマー向けのミドルクラスGPU GeForce GTX 560発表(ASCII.jp)
GeForce GTX 560(NVIDIA)

昨年6月、NVIDIAはGF104コアのGeForce GTX 460を発表した。このカードは$199.99の価格帯において第1選択となる存在であったが、NVIDIAはこの価格帯における優位性を保ち続けるべく、GeForce GTX 560を5月17日に正式発表した。
 
GeForce GTX 560はGTX 560 Tiと非常によく似たコアである。ただし、コアの一部分が無効化されておりスペックはCUDA core数:336 / Texture unit数:56 / ROP数:32となる。Polymorph Engine数は7である。このスペックはGeForce GTX 460に非常によく似たものである。

なお、GeForce GTX 560は既存のGF104 / GF114を置き換えるべく、パートナーには幅広い周波数で搭載カードを出すことを認めている。そもそもGeForce GTX 560においては「公式なリファレンス周波数」というものは存在せず、「最低周波数」としてコア:810MHz / Shader:1620MHz / メモリ:1001MHz(4004MHz)という数字が示されているのみである。

以下にスペックをまとめます。

GeForce
GTX 560 Ti
GeForce
GTX 560
GeForce
GTX 460
コア/プロセスGF114/40nmGF114/40nmGF104/40nm
CUDA core数384336336
Texture unit数645656
コア周波数822MHz810~950MHz675MHz
Shader周波数1644MHz1620~1900MHz1350MHz
搭載メモリGDDR5
1024MB
GDDR5
1024MB
GDDR5
1024MB
GDDR5
768MB
メモリ周波数1002MHz
(4008MHz)
1001~1122MHz
(4004~4488MHz)
900MHz
(3600MHz)
メモリインターフェース256-bit256-bit256-bit192-bit
ROP数32323224
TDP
PCI-Exp.電源
170W
6-pin x2
***W
6-pin x2
160W
6-pin x2
150W
6-pin x2



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。