BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > MSIとASRockの新世代AMD CPU対応マザーボードの写真  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSIとASRockの新世代AMD CPU対応マザーボードの写真

2011 - 05/23 [Mon] - 15:00

◇MSI “990FXA-GD80”
MSI 990FXA-GD80 AM3+ motherboard seen in detail(TechConnect Magazine)
MSI 990FXA-GD80 Socket AM3+ Motherboard Detailed(techPowerUp!)

“Bulldozer”アーキテクチャで4,6,8-coreのAMD FX-seriesに対応するMSIのSocketAM3+マザーボード―“990FXA-GD80”の姿が明らかになった。
 
“990FXA-GD80”は黒と青を貴重にしたマザーボードで、搭載するチップセットはAMD 990FX+SB950となる。固体コンデンサ、フェライトチョークなどの部品にはMilitary Class IIを満たすものを用い、電源回路は10-phaseとなる。
CPUはTDP140Wまで対応し、メモリはDDR3-2133対応スロットを4本搭載する。


“990FXA-GD80”は4本のPCI-Express x16スロットを搭載し3-way SLIとCrossFire Xに対応する。ストレージはS-ATA 6.0Gbpsを搭載する。またUSB 3.0は4ポートが搭載される。

スペックをまとめると以下のようになります。

990FXA-GD80
規格ATX
SocketSocketAM3+
チップセットAMD 990FX + SB950
メモリ2-ch DDR3-2133 / 1866 / 1600 / 1333 / 1066
4スロット, 最大32GB
拡張スロットPCI-Express 2.0 x16:4
PCI-Express x1:2
PCI:1
S-ATA / P-ATAS-ATA 6.0Gbps:6
eS-ATA:2
USB / IEEE1394USB 3.0:4
USB 2.0:8
IEEE1394:2
その他GigabitEthrenet
7.1ch HD Audio
UEFI


このクラスのマザーボードならもう少し(内蔵の)S-ATAコネクタが搭載されていてもいいのではないかと思わなくもないですが、“-GD80”の名が示すとおりハイエンドらしいマザーボードとなっています。SocketはAM3+であることを象徴する黒色となります。またUEFIを搭載します。

(過去の関連エントリー)
MSIのAMD 9 series搭載マザーボード3種(2011年5月5日)



◇ASRock “990FX Extreme4”と“A75 Extreme6”
ASRock 990FX Extreme4 And A75 Extreme6 Motherboard Unearthed(Expreview.com)
ASRock A75-Extreme4 AMD FM1 Fusion Motherboard Pictured(techPowerUp!)
Asrock motherboard shows and media PCs at Computex 2011(SweClockers.com)

AMDの新世代CPU―“Bulldozer”と“Llano”それぞれに対応するASRockのマザーボードの写真がインターネット上に掲載された。

このうち“Bulldozer”―AMD FX-seriesに対応するのがAMD 990FX+SB950搭載の“990FX Extreme4”である。“990FX Extreme4”は3本のPCI-Express x16スロットを搭載し、NVIDIA SLIとAMD CrossFire Xに対応する。また、USB 3.0を搭載するほか、BIOSはUEFIとなる。

“Llano”に対応するSocketFM1マザーボードが“A75 Extreme6”である。“A75 Extreme6”はHudson D3チップセットを搭載するATXマザーボードとなる。PCI-Express 2.0 x16スロットは3本搭載しており、CrossFireに対応する。またS-ATA 6.0GbpsやUSB 3.0も備える。

これらのマザーボードのスペックは以下の通り。

990FX Extreme4A75 Extreme6
規格ATX
SocketSocketAM3+SocketFM1
チップセットAMD 990FX + SB950Hudson D3
メモリ2-ch DDR3
4スロット
拡張スロットPCI-Express 2.0 x16:3
PCI-Express x1:2
PCI:2
SLI, CrossFire対応
PCI-Express 2.0 x16:2
PCI-Express 2.0 x16(x4レーン):1
PCI-Express x1:3
PCI:1
CrossFire対応
S-ATA / P-ATAS-ATA 6.0Gbps:6S-ATA 6.0Gbps:8
eS-ATA:2
USB / IEEE1394USB 3.0:4
USB 2.0
USB 3.0:6
USB 2.0
IEEE1394
その他GigabitEthrenet
7.1ch HD Audio
UEFI
GigabitEthrenet
7.1ch HD Audio
DVI, HDMI 1.4a, D-sub
UEFI


5月31日にComputex Taipei 2011が開催されます。
このときに“Zambezi”や“Llano”対応マザーボードも多数展示されるでしょう。


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。