BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 4-way構成とした“Westmere-EX”のベンチマーク  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4-way構成とした“Westmere-EX”のベンチマーク

2011 - 05/24 [Tue] - 11:00

Westmere-EX: Intel's Flagship Benchmarked(AnandTech)

昨年リリースされた“Nehalem-EX”はIntel史上、真に無敵のProcessorとなった。“Nehalem-EX”の登場により、Intelはハイエンドサーバー・データセンター市場でシェアを伸ばし、2009年比で35%の伸びとなった。
そしてその“Nehalem-EX”の後継となるのが“Westmere-EX”である。“Westmere-EX”は32nmプロセスで製造され、最大10-core, 20-thread / L3=30MBというスペックを誇り、“Nehalem-EX”の8-core, 16-thread / L3=24MBから順当に強化されている。その一方で、ダイサイズは“Nehalem-EX”の684mm2から513mm2に一回り小さくなっている。


3ページ目以降にその“Westmere-EX”(Xeon E7-4870)のベンチマークが掲載されています。
 
Xeon
E7-4870
Xeon
X7560
Opteron
6174
コアWestmere-EXNehalem-EXMagny-Cours
周波数2.40GHz2.26GHz2.20GHz
SAP Sales
Distribution 2 Tier
739705712047420
vApus Mark II
score
5T:243
4T:193
5T:189
4T:168
5T:167
4T:149
vApus Mark II
Response time
5T:2015msec
4T:2171msec
5T:2730msec
4T:2509msec
5T:4320msec
4T:3093msec
消費電力Idle:595W
Load:894W
Idle:595W
Load:966W
Idle:266W
Load:587W



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。