BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ストレージエリアで容量800GBや1TBモデルを発見  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレージエリアで容量800GBや1TBモデルを発見

2011 - 06/06 [Mon] - 11:00

昨年の「COMPUTEX TAIPEI 2010」でメイン商材のひとつとなっていたSSD関連だが、今年は一転して静かな印象だ。ところが、そこは「COMPUTEX」。自作ユーザーにとっては驚くような製品が用意されていた。


■販売すれば2000ドル程度の2.5インチ容量1TB SSD

SSDSSD
MemorightとPRETECのブース。両ブースのあるエリアにはストレージ系のメーカーが多く出展している
SSD
SSD
2.5インチサイズでSerial ATA II対応、MLCタイプで800GBという大容量のSSDを発見。PCからは768GBで認識していた

 どこのメーカーも、mSATAインターフェイス対応モデル、もしくはSand Forceコントローラー採用のSATA3.0対応モデルばかりという状況の中、いかにも「COMPUTEX」らしい製品を発見。その製品とは、2.5インチサイズでSerial ATA II対応、MLCタイプで800GBという大容量モデル。Memoright Corporation(本社:台湾)の製品で、最大転送速度が読み書きともに220MB/secというものだ。
 さらにその近くにあるPRETEC(本社:台湾)のブースでは、なんと容量1TBの2.5インチSSDが展示されていた。
 それは「N2000」シリーズという製品で、最大転送速度は読込250MB/sec、書込220MB/secというスペック。担当者曰く「受注生産となるが、販売すれば2000ドル程度にはなるだろう」という。なおPRETECでは1.8インチサイズのSSD(転送速度は読込200MB/sec、書込175MB/sec)を小型のUSB3.0対応ケースに収めたポータブルSSD「Rex 300」も展示されていた。

SSD
SSD
さらに大容量で大台の1TBモデルとなるPRETEC「N2000」シリーズ。当たり前だが、2.5インチサイズのSSDとしては最大容量となる

SSD
SSD
2.5インチサイズのUSB3.0対応ケースは大きくて使いづらいので、という理由で登場したというポータブルSSD「Rex 300


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。