BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > Computex 2011で展示されたPowerColorのグラフィックボード多数  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Computex 2011で展示されたPowerColorのグラフィックボード多数

2011 - 06/07 [Tue] - 15:00

Focus Of PowerColor At Computex 2011(Expreview.com)
PowerColor confirms its Radeon HD 6870 X2 card is coming this month(TechConnect Magazine)
PowerColor HD 6870 X2 coming next month - HD 6970 X2 afterwards(NordicHardware)
PowerColor Displays HD 6870 X2 and HD 6970 X2 at Computex(VR-Zone)

Computex 2011でPowerColorは多数のグラフィックカードの新製品を展示していた。そしてその中も注目を集めていたのがRadeon HD 6970 X2とRadeon HD 6870 X2という2種類のDual-GPUカードである。

Radeon HD 6870 X2は“Barts”をDual-GPUとしたもので、スペックは以下の通りである。
 
  • StreamProcessor数:2240
  • コア周波数:900MHz
  • メモリ:GDDR5 2GB
  • メモリ周波数:1050MHz(4200MHz)
  • メモリインターフェース:256-bit x2


冷却機構は2つのファンと5本のヒートパイプを用いた2スロット仕様のものである。PCI-Express電源コネクタは8-pin x2を搭載する。

Radeon HD 6970 X2は“Cayman”―もっと言えばRadeon HD 6970をそのままのスペックでDual-GPUカードとしたものである。
スペックは以下の通りである。



  • StreamProcessor数:3072
  • コア周波数:880MHz
  • メモリ:GDDR5 4GB
  • メモリ周波数:1375MHz(5500MHz)
  • メモリインターフェース:256-bit x2


PCI-Express電源コネクタは8-pin x3を搭載、冷却機構は3スロット仕様となる。

Radeon HD 6870 X2はRadeon HD 6870を、Radeon HD 6970 X2はRadeon HD 6970をそのままのスペックでDual-GPU化したものとなります。“Barts”のDual-GPUカードは公式な仕様としては存在していません。一方“Cayman”のDual-GPUカードは“Antilles”―Radeon HD 6990として存在します。しかし、Radeon HD 6990ではGPU 1コアあたりのスペックは6970と比較するとやや落ちています。6970 X2は周波数もそのまま6970のものを維持しているため、性能は6970 X2が6990を上回ることになるでしょう。

(参考:Radeon HD 6900系・6800系のリファレンススペック)
Radeon HD
6990
Radeon HD
6970
Radeon HD
6950
Radeon HD
6870
Radeon HD
6850
コア
プロセス
Antilles
40nm
Cayman XT
40nm
Cayman Pro
40nm
Barts XT
40nm
Barts Pro
40nm
StreamProcessor数3072
48 SIMD
1536
24 SIMD
1408
22 SIMD
1120
14 SIMD
960
12 SIMD
Shader構成4D x16
64sp/SIMD
5D x16
80sp/SIMD
コア周波数830MHz880MHz800MHz900MHz775MHz
Texture Units19296885648
搭載メモリGDDR5
4GB
GDDR5
2GB
GDDR5
1,2GB
GDDR5
1GB
GDDR5
1GB
メモリ周波数1250MHz
(5000MHz)
1375MHz
(5500MHz)
1250MHz
(5000MHz)
1050MHz
(4200MHz)
1000MHz
(4000MHz)
メモリインターフェース256-bit x2256-bit256-bit256-bit256-bit
ROPs32 x232323232
演算性能SP:5.10TFlops
DP:1.27TFlops
SP:2.7TFlops
DP:675GFlops
SP:2.25TFlops
DP:562GFlops
2.0TFlops1.5TFlops
消費電力Idle:37W
Load:375W
8-pin x2
Idle:20W
Load:250W
6-pin+8-pin
Idle:20W
Load:200W
6-pin x2
Idle:19W
Load:151W
6-pin x2
Idle:19W
Load:127W
6-pin x1
出力DVI:1
mini-DP:4
DVI:2 / mini DisplayPort:2 / HDMI:1
その他UVD 3, Eyeifinity technology, AMD 3DHDUVD 3, Eyefinity technology, AMD HD3D
DisplayPort 1.2, HDMI 1.4a




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。