BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > SSD+HDDの新型モデルから1.8インチでSATA3.0対応の製品もあったOCZブース  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSD+HDDの新型モデルから1.8インチでSATA3.0対応の製品もあったOCZブース

2011 - 06/10 [Fri] - 11:00

GRAND HYATT TAIPEI 1003/1004
 例年通りGRAND HYATT TAIPEIスイートルームの一室で行われたOCZ Technology(本社:アメリカ カリフォルニア州)のプライベート展示会。超がつくハイエンドSSDからコンシューマ向けの製品まで、発売前の各モデルを抑えておきたい。


■OCZの注目製品イチ押しはIntel SRT風「RevoDrive Hybrid」

 OCZブースでご紹介しなくてはならない製品は「RevoDrive Hybrid」だろう。
 SSDをHDDのキャッシュとして利用しつつ、HDDのパフォーマンスを引き上げるというどこかで聞いたことのあるコンセプトの製品である。そう、あの「Z68」チップセットがサポートするIntel SRT(Intel Smart Response Technology)だ。もちろん「RevoDrive Hybrid」は、単体で動作するために、チップセットによる制約は受けない。すなわち、どんな環境においてもPCI Express(x4)インターフェイスさえ用意できれば利用可能となる、というのがOCZの主張だ。

OCZ
OCZ
「P67」環境でデモ中の「RevoDrive Hybrid」。SSDに2.5インチHDDを搭載したような形状で、早ければ今夏にも国内販売を開始するかもしれないという
OCZ
OCZ
PCMark Vantageのテスト結果が表示されていた。画像上がノーマル時でHDDスコアは1,936。画像下は「RevoDrive Hybrid」使用時でHDDスコアは42,446というスコアを叩き出している


■「RevoDrive 3」「RevoDrive 3 X2」も展示中

OCZ
SandForce製コントローラーSF-2200を2基搭載する「RevoDrive 3」。読込900MB/sec、書込700MB/sec、4Kランダムライト120,000IOPSというスペックで予価は240GBモデルで599ドル
OCZ
さらに増設カード追加で倍のSF-2200を2基搭載する「RevoDrive 3 X2」。読込1,500MB/sec、書込1,200MB/sec、4Kランダムライト120,000IOPSというスペック。こちらの予価は240GBモデルで699ドルだ


■1.8インチSATA3.0(6Gbps)初の「Vertex3シリーズ」にも期待

OCZ
お馴染みVertex3シリーズの1.8インチモデルも展示中。SF-2281を採用するSATA3.0対応モデル。発売されれば、1.8インチモデルでは初のSATA3.0対応製品となる。読込550MB/sec、書込500MB/sec
OCZ
こちらはVertex3シリーズの3.5インチモデル。読込550MB/sec、書込525MB/secというスペックだ


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。