BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ASUSTeK「K53E」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASUSTeK「K53E」

2011 - 06/10 [Fri] - 15:00

ASUSTeK Computerの第2世代Core i5プロセッサを搭載する「K53E」のレビュー記事を4月中旬にお送りした。今回はCore i7プロセッサとカラーバリエーションが新しくK53Eのラインナップに加わり、その両方が送られて来たので試用レポートをお届けする。同じモデルながらCore i5とi7とでどの程度の違いがあるか興味のあるところだ。 ●Core i7-2630QM搭載でパワーアップ

 同社のスタンダードノートPCとしては、「K50」、「K52」、「K53」の3つのシリーズがあり、全て2スピンドル、15.6型HD解像度の液晶パネルを搭載している。ただし、K50はCore 2 Duoプロセッサ、K52は第1世代Core iプロセッサと言うこともあり、実質はK53シリーズが主力モデルとなるだろう。

 もともとこの「K53E」は、4月の中旬から発表/出荷されていたが、今回、ベースユニットはそのまま、第2世代Core i7プロセッサ搭載機とカラーバリエーションが追加された。主な仕様は以下の通り。

【表】ASUS「K53E」の仕様
CPU Intel Core i7-2630QM
(4コア/8スレッド、2.0GHz/Turbo Boost 2.9GHz、キャッシュ6MB)
チップセット Intel HM65 Express
メモリ 4GB(4GB×1) PC3-10600 DDR3-SDRAM (最大8GB)/2スロット空1
HDD 640GB(5,400rpm)
OS Windows 7 Home Premium(64bit)
ディスプレイ 15.6型液晶ディスプレイ(光沢)、1,366×768ドット
グラフィックス Intel HD Graphics 3000、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン
ネットワーク Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
その他 USB 2.0×3、5in1メディアスロット、マイク/ライン入力、
ヘッドフォン出力、Webカメラ、Altec Lansing社製スピーカー
サイズ/重量 378×253×33~35mm(幅×奥行き×高さ)/約2.6kg
バッテリ駆動時間 約6.0時間
価格 79,800円(ASUS Shop)

 プロセッサはIntel Core i7-2630QM。4コア8スレッド、クロック2.0GHzでTurbo Boost時2.9GHzまで上昇する。4月に発表されたモデルがCore i5-2410M(2コア/4スレッド、2.3GHz/TB 2.9GHz、キャッシュ3MB)だったので、この部分だけパワーアップした格好だ。いずれもプロセッサの型番からもわかるように、Sandy Bridgeアーキテクチャ。パフォーマンスの差などは後半検証したい。

 チップセットはIntel HM65 Express。メモリは4GB×1の計4GB。2スロットあり、空きが1つ。最大8GBまで対応する。裏のパネルが簡単に外れるので増設は容易だ。OSは64bit版Windows 7 Home Premium。ただしSP1ではない。HDDは5,400rpmの640GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ搭載している。

 ディスプレイは15.6型HD解像度/1,366×768ドットの液晶パネルでグレア(光沢)タイプだ。出力はミニD-Sub15ピンとHDMI。グラフィックスはプロセッサ内蔵のIntel HD Graphics 3000となる。

 ネットワークは有線LANがGigabit Ethernet、無線LANがIEEE 802.11b/g/n。Bluetoothは非搭載。その他のインターフェイスは、USB 2.0×3、5in1メディアスロット、マイク/ライン入力、ヘッドフォン出力、Webカメラ、そしてAltec Lansing社製スピーカー。USB 3.0に対応していないのが惜しいところか。

 サイズは378×253×33~35mm(幅×奥行き×高さ)、重量約2.6kg。バッテリ駆動時間は最大約6時間。大きさや重量的にあまり外に持ち出して使うタイプでないものの、意外とバッテリ駆動時間が長めだ。



■西川和久の不定期コラム■
ASUSTeK「K53E」 ~Core i7搭載のスタンダードノート


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。