BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 見えてきたIntelの次世代CPU「Ivy Bridge」の姿  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えてきたIntelの次世代CPU「Ivy Bridge」の姿

2011 - 06/10 [Fri] - 18:00

 Intelは2012年の前半に、第2世代Coreプロセッサー・ファミリーの後継製品となるIvy Bridge(開発コードネーム)を投入することをすでに明らかにしている。現在マザーボードベンダーやノートブックPCベンダーなどは、すでにプロセッサのIvy Bridgeと、そのチップセットになるPanther PointのA0シリコンを入手し、着々と開発を続けている。

 IntelはCOMPUTEX TAIPEIにおいて22nmプロセスルールで製造されるIvy Bridgeのアウトラインを公開したが、その特徴はDirectX 11(Direct3D 11)に対応した内蔵GPU、PCI Express Gen3への対応、チップセットのUSB 3.0対応などの機能拡張が含まれており、微細化に加えて機能拡張版という位置付けの製品になる。

 そうしたIvy Bridgeに関する最新情報を、筆者が台北でOEMメーカーの関係者などから得た情報などを元にお伝えしていきたい。

●Ivy Bridgeを搭載した製品の出荷ターゲットは2012年の3月に

 良いニュースと悪いニュースがあるときには、まずは悪いニュースから聞いたり、伝えたりするのが基本なので、先に悪いニュースからお伝えしていこう。

 Intelの新製品は1月にラスベガスで行なわれるInternational CESで発表し、すぐに製品の出荷も開始されるというのが、ここ数年の恒例になっている。2011年の例で言えば、1月のCESで第2世代Coreプロセッサー・ファミリー(開発コードネーム:Sandy Bridge)が発表された。それに続いて、1月の半ばにクアッドコア版の市場投入、2月にデュアルコア版の市場投入というスケジュールで製品が投入された。チップセットのエッラタが発生し回収騒ぎというアクシデントがあったものの、プロセッサの方は例年と同じようなタイミングで出荷できていた。もっとも、プロセッサだけあってもチップセットがなければPCとしては利用できないから“順調に”という言葉は使えないだろう。

 2012年はこのスケジュールが2011年よりも若干後ろ倒しになる。OEMメーカー筋の情報によれば、IntelはOEMメーカーに対してプロセッサの供給が可能になるのは、3月に出荷できるPC製品を製造するタイミングになると通知してきたという。当初は、2011年と同じようなタイミングが予定されていたとOEMメーカーの関係者は証言するので、第1四半期という公約は守れるものの、若干の遅れが発生すると言うことになる。

 現時点では、その若干の遅れが何に起因するのかという情報は入ってきていないが、言うまでもなくIvy Bridgeは、新しいプロセスルールである22nmで製造される。かつ、22nmプロセスルールでは世界で初めて量産品にトライゲートトランジスタを採用するなど、挑戦的な試みも行なわれており、Intelがより保守的なアプローチ(つまり、時間的な余裕を取る)に出ても不思議ではない。

 なお、現時点ではIntelがCESでIvy Bridgeを発表するというスケジュールを変更する情報は入ってきていないので、おそらく発表のスケジュールには変更がないと考えられる(ここ数年、ほとんど例外なくCESでの発表が行なわれている)。例年に比べると発表から出荷まで時間はかかるものの、大まかなスケジュールには変更がないと考えるのが正しいだろう。



■笠原一輝のユビキタス情報局■
見えてきたIntelの次世代CPU「Ivy Bridge」の姿 ~2012年の3月頃に市場投入へ


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。