BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > やっぱりASUSはデカかった。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりASUSはデカかった。

2011 - 06/11 [Sat] - 18:00

NanGang Exhibition Hall M1009
 開幕初日となった31日、TWTC(Taipei World Trade Center)近くのCathay Financial Holdingsにおいて、「ROG」シリーズのプレス向け発表会を行ったASUSTeK Computer Inc.(本社:台湾)。その様子はすでにお伝えした通りだが、TWTCN/南港展覧館4階の中心部にも、Intelブースと向かい合うようにASUSTeKの巨大ブースがある。今回はその様子をフォトレポートでお届けしよう。


■Intel並の巨大ブース。南港展覧館4FのASUSTeKブースフォトレポート

ASUSASUS
TWTCN/南港展覧館4階の一等地と呼べる場所にブースを構えるASUSTeK Computer Inc.。日本でも有名だが、地元台湾では完全な超一流企業として認知されている。向かい側のIntelブースとはほぼ同規模

ASUS
ASUS
ASUSTeKはCOMPUTEXの使い方を心得ている。開幕を翌日に控えた5月30日に突如公開された「Padfone」には世界中のメディアが文字通り食い付いた。なお、発売はクリスマスを予定していると伝えられているが、詳細なスペックは一切非公開。日本での発売予定についてもコメントは出ていない

ASUS
ASUS
「GeForce GTX 580」×2基/8ピン電源コネクタ×3仕様のモンスターグラフィックスカード「MARS II/2DIS/3GD5」。搭載メモリはGDDR5 3GB(384bit×2)。日本では限定枚数で7月に発売が予定されている

ASUS
ASUS
「GeForce GTX 580」搭載のOCモデルとなる「MATRIX GTX580 PLATINUM」。こちらも今夏の発売が予定されている

ASUSASUS
ASUSTeK製グラフィックスカードのテクノロージーを解説する特設ステージも。COMPUTEXならではのきめ細やかなブース構成だ

ASUS
「Z68」でMicro ATフォームファクタとなるお馴染みROGシリーズのゲーミングマザー「MAXIMUS IV GENE-Z」

ASUS
「AMD 990FX」+「SB950」の最新マザー「Crosshair V Formula」。国内では27,000円前後で、早ければ6月中にも投入となる

ASUS
「AMD 990FX」+「SB950」チップセット搭載の「SABERTOOTH 990FX」。AMDプラットフォームでは初のTUFシリーズだ。予価は22,000円

ASUS
アスース・ジャパン マーケティングマネージャーのCynthia Teng氏。国内メディア関係者なら誰もが知る有名人。もちろん今回のCOMPUTEXでも彼女がすべての製品を丁寧に解説してれた


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。