BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 2011年6月第2週の秋葉原の新製品―2つの“980”  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年6月第2週の秋葉原の新製品―2つの“980”

2011 - 06/14 [Tue] - 15:00

◇Phenom II X4 980 Black Editionが発売される
Phenom II X4の最上位が発売 動作クロック3.7GHz、AM3最高速(AKIBA PC Hotline!)
シリーズ最上位の4コアCPU「Phenom II X4 980 BE」が発売(ASCII.jp)

Phenom II X4シリーズの最上位モデルとなるPhenom II X4 980 Black Editionが発売された。価格は17000円前後。
スペックは4-core / 3.70GHz / L2=512kB x4, L3=6MB / TDP125Wとなる。


Phenom II X4は3.60GHzの975が先に発表はされていたものの、実際に販売されていたのは3.50GHzのPhenom II X4 970まででした。Phenom II X4 975は現在も発売されておらず、それをスキップする形でPhenom II X4 980が登場した形となります。
 


◇Core i7 980が6月26日に発売される模様
「いや、もうSandy Bridge-Eまで待つでしょ」(6/10) ---某ショップ店員談(hermitage akihabara)

LGA1366対応CPUの新モデルとしてCore i7 980が6月26日に発売される。スペックは6-core, 12-thread / 3.33GHz, TC 3.60GHz / L3=12MB / QPI 4.80GT/s / TDP130Wとなり、価格は現行のCore i7 970と同程度となる。

LGA1366対応で32nmプロセスの“Gulftown”コアの新モデルとなります。
980のナンバーを持つCore i7といえばCore i7 980Xが思い浮かぶ方も多いでしょうが、今回のCore i7 980もコア数や周波数、TDPはCore i7 980Xと同様です。違いはQPIの速度が4.80GT/sに落とされていること、倍率ロックがかけられていることになります。

価格は現在のCore i7 970と同程度―50000円弱となるようです。なお、このCore i7 980の登場により、現在のCore i7 970がどうなるか―具体的には値下げされるのか打ち切りとなるのかは不明です。


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。