BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > SATA3.0 SSD「S511シリーズ」3機種  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SATA3.0 SSD「S511シリーズ」3機種

2011 - 06/19 [Sun] - 18:00

ADATA Technology(本社:台湾台北)国内正規代理店のマスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)は2011年6月17日、SATA3.0(6Gbps)インターフェイスに対応する2.5インチSSDの新製品「S511シリーズ」の新規取り扱い開始を発表した。ラインナップは60GB/120GB/240GBの3容量で、6月下旬より発売が開始される。


■「SF-1200シリーズ」約2倍の性能向上を実現する「SF-2281」搭載SSD

S511シリーズ(6月下旬発売開始予定)
AS511S3-60GM-C 市場想定売価税込税込13,800円前後
http://www.mustardseed.co.jp/
products/a-data/memory_ssd/as511s3-60gm-c.html

AS511S3-120GM-C 市場想定売価税込税込23,980円前後
http://www.mustardseed.co.jp/
products/a-data/memory_ssd/as511s3-120gm-c.html

AS511S3-240GM-C 市場想定売価税込税込49,800円前後
http://www.mustardseed.co.jp/
products/a-data/memory_ssd/as511s3-240gm-c.html

S511シリーズ
 コントローラーにSandForce「SF-2281」を採用した2.5インチSSDの新製品。インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)で、搭載NANDフラッシュは25nmプロセスのIntel製MLCタイプ。

 従来の「SF-1200」シリーズに比べ、約2倍の性能向上を実現する「SF-2281」は、長寿命を実現する「DuraWrite」、記録でーたの冗長性によりストレージの信頼性を確保する「RAISE」などの設計技術を採用することで、最大読込550MB/secを実現。最大書込は60GBで500MB/sec、120GBで510MB/sec、240GBで520MB/secとされ、4Kランダムライトは最大60,000 IOPSを誇る。

 その他Windows 7 Trimコマンド、NCQ、SMARTをサポート。製品には環境移行ソフトウェア「Data Migration Utility」のシリアルコードが付属し、作業環境をまるごとコピーできる便利なクローニングツール「Acronis True Image」OEM版が利用できるほか、3.5インチベイ搭載用ブラケットも付属される。

オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。