BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 【Intel MIC】“Knights Corner”は2012年に、2018年にはExaflopへ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Intel MIC】“Knights Corner”は2012年に、2018年にはExaflopへ

2011 - 06/23 [Thu] - 18:00

Intel Larrabee Take Two: Knights Corner in 2012, ExaScale in 2018(Bright Side Of News)
Intel teases many-core 22-nm products at HPC conference(The Tech Report)
Intel Equipped to Lead Industry to Era of Exascale Computing(techPowerUp!)
Larrabee ipso facto will half not bee(Fudzilla)

ドイツのハンブルグで開催されたInternatianal Supercomputing ConferenceでIntelは“Many-Integrated-core(MIC)”製品の概要を明らかにした。MICは“Larrabee”プロジェクトの後をついで登場したものである。
Intelは現在、MICアーキテクチャの試作品となる“Knights Ferry”を一部のパートナーに提供している。この“Knights Ferry”は旧“Larrabee”のシリコンをHPC向けに調整したものと考えられている。
そして最初のMICアーキテクチャの製品となるのが“Knights Corner”である。この“Knights Corner”は“IvyBridge”と同じ22nmプロセスで製造される。
 
現在一部のパートナーのみに提供されている“Knight Ferry”に関してはLeibnz Supercomputing CentreのArndt Bode教授が以下のようにコメントしている。
「Intel MICアーキテクチャの優れたプログラミングモデルにより、現在Xeonで動かしているアプリケーションをすばやく“Knights Ferry”の開発環境に移行することができた。このアプリケーションは元々はXeonに最適化されて開発されたものであったが、プログラミングモデルの親和性の高さにより、Intel MICアーキテクチャへのコード最適化は数時間ででき、650GFlopsの性能を達成することができた」


GPGPUを進めているNVIDIAやAMDと異なり、“Knight Ferry”や“Kngith Corner”はx86アーキテクチャをベースとしたものである。

“Knight Ferry”は32nmプロセスで製造されており、SGEMMベンチマークで1TFlopsの浮動小数点演算性能を達成したという。“Knight Corner”は50またはそれ以上のコアを集積したものとなり、2012年に登場する。そして、性能は“Knight Ferry”の2倍を達成することもたやすいという。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。