BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > PCI-Express 4.0は1レーンあたり16Gb/sの転送速度を実現する  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCI-Express 4.0は1レーンあたり16Gb/sの転送速度を実現する

2011 - 06/28 [Tue] - 11:00

PCI Express 4 in the Works: Set to Achieve 16Gb/s per Lane.(X-bit labs)
PCI Express poised for 2x upgrade(EETimes)

PCI-Express 3.0が登場するまでまだ数ヶ月あるが、すでにその次の企画としてPCI-Express 4.0の開発が行われ始めている。PCI-Express 4.0は最大転送速度が1レーンあたり16Gb/s となり、またいくつかの新機能も搭載される。

「PCI-SIGが受け取った報告ではPCI-Express 4.0は実現可能だ。今は詳細を詰めているところだ」とPCI-SIGの最高責任者であるAl Yanes氏は語った。
 
PCI-SIGに加盟する各社はすでにチップ、チャネル、パケットそしてソケットデータを用いたシミュレーションを開始している。そしてPCI-Express 4.0で1レーンあたり16Gb/sの転送速度(x16レーンでは256GB/sとなる)を達成したという。PCI-Express 4.0の目標とする速度は2011年末に明らかにされるという。

PCI-Express 4.0も引き続き銅配線を使用する。マザーボードやグラフィックカードあるいはそのほかのデバイスの開発コストを考えると非常に合理的ではあるが、PCI-Express 4.0の搭載には新たなプロセスとマテリアルが必要となる。その一方で後方互換性は維持されるという。
またPCI-Express 4.0では配線長が8から12インチほどに制限されるだろう(PCI-Express 3.0では20インチ)。




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。