BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > HTC「Desire Z」にソックリなAndroid端末が登場  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTC「Desire Z」にソックリなAndroid端末が登場

2011 - 07/11 [Mon] - 18:00

 製品本体の配色がHTC風なAndroid 2.2スマートフォン「A5000」が販売されている。「HTC Desire Z」によく似たデザインが特徴となる。

「A5000」
「A5000」本体を確認。当然だが、パッケージのどこを見ても「HTC」の文字は見当たらない
裏面
製品裏面はいたって普通のデザインだが、フタをあけるとデュアルSIMカードスロット、microSDカードスロットが搭載されていた

 3.5型(320×480ドット)ディスプレーに静電容量式のタッチセンサーを採用。Desire Zはハードウェアキーボードを搭載するのが特徴だが、本製品には搭載されていない。また、お約束のように今回もアナログテレビチューナーとFMラジオチューナーを搭載するが、輸入品のため国内で使用できるかどうかは不明となる。

インターフェース
本体上部にはテレビ用アンテナのほか、電源コネクターやイヤフォンコネクター、電源スイッチ等のインターフェース類が集中している

 ストレージ用に2GBのフラッシュメモリーを採用し、300万画素のカメラ、イヤフォン端子を搭載。最大32GBまでに対応したmicroSDカードスロットのほか、GSMなどの通信方式に対応したSIMカードスロットを2つ備える。また、無線LANとBluetooth 2.0にも対応。サイズはW113×D12.5×H60mm、重量は125g。

 aPad専門店にて販売中で価格は1万9800円となっている。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。