BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > MLC NANDを搭載したUltrastar SSD400Mを発表  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLC NANDを搭載したUltrastar SSD400Mを発表

2011 - 08/12 [Fri] - 18:00

Hitachi debuts the Ultrastar SSD400M MLC-based enterprise SSD(TechConnect Magazine)
Hitachi Rolls Out Ultrastar SSD400M MLC-based Enterprise SSD(Expreview.com)
Hitachi GST Announces the Industry’s Most Advanced Enterprise-Class MLC SSDs(techPowerUp!)

Hitachi GSTは8月9日、エンタープライズ向けのSSD製品となるUltrastar SSD400Mを発表した。このUltrastar SSD400MはIntelの25nm MLC NAND Flashメモリを使用し、インターフェースとしてSAS 6.0Gbpsに対応する。
 
このUltrastar SSD400Mは今までのSLC SSDからコスト対効果に優れた置き換え製品とされている。Ultrastar SSD400Mの平均故障時間(MTBF)は200万時間、性能はSequentialがRead 495MB/s, Write 385MB/s、RandomがRead 56000IOPS, Write 24000IOPSである。

「我々のMLC SSD製品群は顧客からの要求の直接回答となるべく開発されたものだ。Ultrastar SSD400Mは性能要求の高いI/Oエンタープライズアプリケーションにおいて、価格対性能が良く、信頼性の高い製品となるだろう」とマーケッティング部門の上級副社長であるMike Cordano氏は述べる。

今回のUltrastar SSD400MによりHitachi GSTはHDD、SLC SSD、MLC SSDのすべてのラインナップを備えたことになる。Ultrastar SSD400Mの容量は200GBと400GBが予定されている。

◇Ultrastar SSD400M
・NAND Flash:Intel 25nm MLC NAND Flash
・Sequential:Read 495MB/s, Write 385MB/s
・4k Random:Read 56000IOPS, Write 24000IOPS
・平均故障時間(MTBF):200万時間
・容量:200GB,400GB




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。