BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > “SandyBridge-E”にはリテールクーラーが付属しない  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“SandyBridge-E”にはリテールクーラーが付属しない

2011 - 08/17 [Wed] - 12:00

◇“SandyBridge-E”にはリテールクーラーが付属しない
Sandy Bridge-E shipping without cooler(NordicHardware)
Exclusive: Sandy Bridge-E to ship without cooler(VR-Zone)
Sandy Bridge-E Won't Pack Stock Coolers, Intel to Sell them Separately(techPowerUp!)
Intel Sandy Bridge-E Processors Shipping w/o CPU Cooler - Core i7-3820 Delayed(Legit Reviews)
Intel Sandy Bridge-E Processors to ship without Stock CPU Cooler(WCCF Tech)

“SandyBridge-E”ではCPUのリテールボックスにはクーラーが付属せず、CPUとCPUクーラーは別々に販売される形となるようだ。
 
先日、AMDが“Bulldozer”コアのAMD FX seriesで水冷クーラーを同梱することを検討しているという噂話が出た。そしてその前にはIntelが“SandyBridge-E”で水冷クーラーを同梱するという噂が流れていた。この時同梱されると言われていた水冷クーラーはCorsair H50やAntec Kuhler H20 620のような閉鎖システムのものとされていた。しかし、こんかいの新たな情報ではこのようなものも含めて“SandyBridge-E”のCPUのリテールボックスには一切の冷却機構が付属しない。

“Gulftown”コアのCore i7 980XでDBX-BというCPUクーラーが付属したことを覚えている人もいるだろう。ただ、今後のIntel CPUでDBX-Bが再び同梱されるかどうかはわからない。

CPUクーラーの話からはややずれるが、こんかいの情報では“SandyBridge-E”の消費電力についても触れている。“SandyBridge-E”のTDPは130Wである。しかし、実際の消費電力についてはオーバークロックを行わなくても最大180Wまで上がりうるという。Intelは電源メーカーに“SandyBridge-E”への対応条件として変換効率80%以上の場合において、2系統の12Vで23A以上という数字を提示しているという。


◇“SandyBridge-E”の価格の詳細
Intel Sandy Bridge-E processors priced(CPU World)
Intel's Sandy Bridge-E priced, don't expect any surprises(VR-Zone)
Intel Sandy Bridge-E (LGA 2011) Pricing Leaked, Core i7 3960X Extreme Edition to Cost 1000US$(WCCF Tech)

今年第4四半期にIntelはハイエンドデスクトップ向けの“SandyBridge-E”をリリースする。最初にリリースされるのはCore i7 3960X, Core i7 3930K, Core i7 3820であり、それぞれ現行のCore i7 990X, Core i7 980, Core i7 960の後継に位置づけられるものとなる。そしてその価格も同様なものとなる。

具体的な数字をいうとCore i7 3960Xが$999、Core i7 3930Kが$583、Core i7 3820が$294となる。

以下に“SandyBridge-E”の価格とラインナップを掲載します。

Core i7(32nm / SandyBridge-E / LGA2011)
MNコア数
スレッド数
定格周波数
Turbo時周波数
キャッシュTDP対応メモリ価格
Core i7
3980X
6-core
12-thread
3.40-3.50GHz
TB 4.00-4.10GHz
L2=256kB x6
L3=**MB
130W4ch DDR3'12Q2
(Extreme)
Core i7
3960X
6-core
12-thread
3.30GHz
TB 3.90GHz
L2=256kB x6
L3=15MB
130W4ch DDR3'11Q4
$999
Core i7
3930K
6-core
12-thread
3.20GHz
TB 3.80GHz
L2=256kB x6
L3=12MB
130W4ch DDR3'11Q4
$583
Core i7
3820
4-core
8-thread
3.60GHz
TB 3.90GHz
L2=256kB x4
L3=10MB
130W4ch DDR3'11Q4
$293




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。