BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ASRockからZ68搭載マザーの最上位モデルが登場  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASRockからZ68搭載マザーの最上位モデルが登場

2011 - 08/19 [Fri] - 12:00

 ASRock製のZ68チップセット搭載マザーボードとしては最上位モデルとなる「Z68 Extreme7 Gen3」が発売された。次世代インターフェイスのPCI Express 3.0もサポートする製品だ。

「Z68 Extreme7 Gen3」
ASRock製のZ68チップセット搭載マザーの最高峰となる「Z68 Extreme7 Gen3」。「NF200」を追加搭載することで、3-way SLIや3-way CrossFire Xをサポートする

 黒い基板にゴールドコーティングされた日本メーカー製導電性高分子コンデンサおよびデジタルPWMがよく目立つ同製品。特徴はPCI Express 2.0ブリッジ「NF200」を追加搭載することで、3-way SLIや3-way CrossFire Xをサポートする点だ。ちなみに、Z68+NF200の製品はGIGABYTE「GA-Z68X-UD7-B3」に続いて2モデル目となる。

拡張スロット拡張スロットの構成。次世代インターフェイスのPCI Express 3.0もサポートするが、その場合は2.0動作のx16スロットは使用不可となるという

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1(Ivy Bridge搭載時のみ有効/通常は2.0動作)、PCI Express(2.0) x16×3(動作モードはx16+x16もしくはx16+x8+x8)、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×1、PCI×2。メモリスロットはDDR3が4本、対応はDDR3-2133(OC)/1600/1333/1066/800MHzで、最大32GBまで搭載可能だ。

I/O部I/O部にはグラフィック出力機能としてDVI-D/HDMI/D-sub/DisplayPortを装備。USB3.0は4ポートでほかに3.5インチ内蔵型USB3.0/SSDマウンタで2ポートが利用できる

 オンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネット(Broadcom/BCM57781)や8chサウンド(Realtek/ALC892)、SATA2.0×4、SATA3.0×6(eSATA×1含む)、IEEE1394、USB3.0×6(EtronTech×3)などを搭載する豪華仕様。I/O部にはグラフィック出力機能としてDVI-D/HDMI/D-sub/DisplayPortを装備している。
 価格および販売ショップは以下の通り。なお、パッケージには同社製マザーではお馴染みの3.5インチ内蔵型USB3.0/SSDマウンターなどが付属している。

ポップ
付属品は同社製マザーではおなじみの3.5インチ内蔵型USB3.0/SSDマウンタなど。がっつりハイエンドVGAの2枚差しを考えているユーザーにはオススメの1枚となる


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。