BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > PCのエンターテイメントを充実させるエントリークラスヘッドセット  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCのエンターテイメントを充実させるエントリークラスヘッドセット

2011 - 08/26 [Fri] - 18:00

Logitech Internationalの日本法人、株式会社ロジクール(本社:東京都港区)は2011年8月23日、卓越したクリアな音質と快適性を実現したPC用ステレオヘッドセット「ロジクールステレオヘッドセットH250」「ロジクールステレオヘッドセットH150」「ロジクールステレオヘッドセットH130」の3製品を発表した。発売は9月9日の予定。


■ノイズキャンセリングに対応したヘッドセット3機種7製品

ロジクールステレオヘッドセットH250」
H250GH(グラファイト)/H250IB(アイスブルー)
オンラインストア価格税込各2,480円(9月9日発売予定)
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/172/8691
http://www.logicool.co.jp/
ja-jp/webcam-communications/internet-headsets-phones/devices/8421

ロジクールステレオヘッドセットH150
H150CW(クラウドホワイト)/H150SB(スカイブルー)
H150FP(フクシアピンク)
オンラインストア価格税込各1,480円(9月9日発売予定)
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/172/8691
http://www.logicool.co.jp/
ja-jp/webcam-communications/internet-headsets-phones/devices/8413

ロジクールステレオヘッドセットH130
H130CW(クラウドホワイト)/H130SB(スカイブルー)
オンラインストア価格税込各980円(9月9日発売予定)
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/172/8691
http://www.logicool.co.jp/
ja-jp/webcam-communications/internet-headsets-phones/devices/8392

 通話時に不要な雑音を低減させるノイズキャンマイクを採用したPC向けヘッドセット3機種がロジクールブランドより発売される。

 「ロジクールステレオヘッドセットH250」(オンラインストア価格税込各2,480円)は、マイクをスタイルに合わせて左右どちらにでも配置できるオーバーヘッド式ヘッドセット。手元でマイクミュート操作と音量調節が可能な「インラインコントロール」を搭載するほか、パッド付きアジャスターヘッドバンドとイヤーカップにより快適に長時間使用できることができるのが特徴だ。
 インターフェースは3.5mmステレオミニプラグ×2、ケーブル長は180cm。カラーラインナップはグラファイト(H250GH)、アイスブルー(H250IB)の2色で、外形寸法はW210×D70×H150mm、重量は135g。

H250


 「ロジクールステレオヘッドセットH150」(オンラインストア価格税込各1,480円)は、不要なときマイクを回転させて邪魔にならない位置に調節できる「回転式マイクブーム」を搭載したオーバーヘッド式ヘッドセット。
 ケーブルの途中に搭載された「インラインコントロール」により、手元でマイクミュートの切り替え、音量調節ができるのが特徴だ。
 インターフェースは3.5mmステレオミニプラグ×2、ケーブル長は180cm。クラウドホワイト(H150CW)、スカイブルー(H150SB)、フクシアピンク(H150FP)の3色がラインナップされる。外形寸法はW200×D60×H145mm、重量は80g。

H150


 「ロジクールステレオヘッドセットH130」(オンラインストア価格税込各980円)は、ヘアースタイル乱れにくいネックバンド式デザインの軽量ヘッドセット。
 長時間の通話でも耳を快適に保てる専用イヤーカップを採用しているほか、マイクの位置を好きなところに調節可能な「回転式マイクブーム」にも対応する。
 インターフェースは3.5mmステレオミニプラグ×2で、ケーブル長は180cm。ラインナップはクラウドホワイト(H130CW)、スカイブルー(H130SB)の2種類。外形寸法はW150×D150×H66mm、重量は60g。

H130


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。