BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 暗雲が立ちこめる“Bulldozer”のリリース  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗雲が立ちこめる“Bulldozer”のリリース

2011 - 09/03 [Sat] - 18:00

AMD's Highly-Anticipated Bulldozer Chips May Face Further Delay.(X-bit labs)

今週に入りいくつかの市場予測が“Bulldozer”ベースのAMDの新Microprocessorが予想よりもさらに遅れる可能性が出てきたと言い始めた。いくつかの情報ではAMDはFX seriesとして予定されている“Zambezi”を9月に市場投入することはできないかもしれないという。またOpteronとして予定されている“Interlagos / Valencia”の出荷に関してはAMDはコメントを避けたようである。
 
「ハイエンドデスクトップ向けのFX series―“Zambezi”が9月に市場に出回るようになる」と以前は言われていたが、現時点ではこれには疑問符がついた状態である。業界筋の情報がX-bit labsに明かしたところでは、デスクトップ向けに“Bulldozer”アーキテクチャを採用した製品が登場するのは2011年第4四半期のどこかになるという。これが本当ならばAMDが予定していた時期よりもさらに1四半期後退することになるわけだが、AMDはこの情報に関しては何も述べていない。

次世代Opteronである“Interlagos / Valencia”に関しては今のところ2011年第3四半期予定で変わっていない。つまりは9月末の予定であるが、以前AMD自身が約束した8月に出荷開始という話がどうなったかについては説明はされなかった。

「AMDの計画では第3四半期に“Bulldozer”アーキテクチャのOpteronの出荷が始まる。これは変わっていない」とAMDのスポークスマンであるPhil Hughes氏は語った。

非公式情報では8,12,16-coreのOpteron 6200(“Interlagos”)とともに6,8-coreのOpteron 4200(“Valencia”)を9月26日にリリースすることを目論んでいると伝えている。ただし、AMDが公式にこれらのチップを発表した日から出荷が開始されたならば、その発表日にはそれらのチップを搭載したサーバー製品が出回るわけではないのである。このことはAMDのガイダンスにも見られたはずである。

そして、デスクトップ向けおよびサーバー向けに“Bulldozer”アーキテクチャの製品が潤沢に出回るようになるのは2011年第4四半期後半か下手をすれば2012年第1四半期になるとまで言われている。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。