BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > Radeon HD 7000系のスペックがリーク  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Radeon HD 7000系のスペックがリーク

2011 - 09/07 [Wed] - 18:00

AMD’s Next Generation 28nm HD7000 Series (Southern Islands) Graphic cards Specs Leaked(WCCF Tech)

AMDの次世代GPUとなるRadeon HD 7000系のスペックがリークした。Radeon HD 7000系は“Southern Islands”と呼ばれるGPU群で、TSMC 28nmプロセスで製造され、2011年第4四半期に登場する予定となっている。

現時点で明らかになっているRadeon HD 7000系のコアは4種類、Single-GPUとしては最上位となりRadeon HD 7900系として予定されているのが“Tahiti”、その“Tahiti”をDual-GPUカードしたものが“NewZealands”(Radeon HD 7990)となる。そして“Tahiti”の下のRadeon HD 7800系となるのが“Tahmes”、その下でRadeon HD 7600系となるのが“Lombok”である。
 
まず“NewZealands”であるが、“Tahiti XT”または“Tahiti Pro”をDual-GPUカードとし、そのStreamProcessor数は4000前後となる。一方でTDPは300Wを超えるものとなる。

“Tahiti”は“Tahiti XT”と“Tahiti Pro”が用意される。“Tahiti XT”のStreamProcessor数は2048、コア周波数は1000MHzとなる。メモリはGDDR5 2GBを搭載、インターフェースは256-bitとなる。TDPは190Wである。“Tahiti Pro”はStreamProcessor数が1920、コア周波数が900MHzである。メモリ容量は2GBとなり、TDPは150Wである。
“Tahiti”は現行のRadeon HD 6900系―“Cayman”の置き換えとなる。


Radeon HD 6800系―“Barts”の置き換えとなるのが“Thames”である。“Thames XT”はStreamProcessor数が1536、コア周波数が950MHzとなる。メモリはGDDR5を2GB搭載、メモリインターフェースは256-bitである。TDPは120Wとなる。
“Tahmes Pro”はStreamProcessor数が1408、コア周波数が850MHzとなる。メモリ周りのスペックは“Thames XT”と同様で、TDPは90Wとなる。


エントリー向けとして用意されるのが“Lombok”である。“NewZealands / Tahiti / Thames”がGraphics Core Nextアーキテクチャになるのに対し、“Lombok”は“Cayman”と同様のVLIW 4アーキテクチャとなる。

以下にスペックを掲載します。

Radeon HD 7970Radeon HD 7950
アーキテクチャGraphics Core Next
コア
プロセス
Tahiti XT
28nm
Tahiti Pro
28nm
Compute unit数3230
StreamProcessor数20481920
TMU数128120
コア周波数1000MHz900MHz
搭載メモリGDDR5 2GB
XDR2 2GB
GDDR5 2GB
XDR2 2GB
メモリ周波数XDR2 8000MHzXDR2 7200MHz
メモリインターフェース256-bit256-bit
ROPs3232
TDP190W150W


Radeon HD
7870
Radeon HD
7850
アーキテクチャGraphics Core Next?
コア
プロセス
Thames XT
28nm
Thames Pro
28nm
Compute unit数2422
StreamProcessor数15361408
TMU数9688
コア周波数950MHz850MHz
搭載メモリGDDR5
2GB
GDDR5
2GB
メモリ周波数1450MHz
(5800MHz)
1300MHz
(5200MHz)
メモリインターフェース256-bit256-bit
ROPs3232
TDP120W90W


Radeon HD
7670
Radeon HD
7570
アーキテクチャVLIW 4
コア
プロセス
Lombok XT
28nm
Lombok Pro
28nm
SIMD数1212
StreamProcessor数768768
TMU数4848
コア周波数900MHz750MHz
搭載メモリGDDR5
1GB
GDDR5
1GB
メモリ周波数1250MHz
(5000MHz)
1000MHz
(4000MHz)
メモリインターフェース128-bit128-bit
ROPs1616
TDP60W50W




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。