BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > “SandyBridge-E”は11月15日に発表される模様  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“SandyBridge-E”は11月15日に発表される模様

2011 - 09/10 [Sat] - 18:00

November 15 Launch Date for Sandy Bridge-E(techPowerUp!)
Report: Intel Sandy Bridge-E on November 15th(VR-Zone)
Intel Sandy Bridge-E Processors Launching On November 15th(WCCF Tech)
Special Report: Intel's Sandy Bridge-M processors launch date(DonanimHaber.com / トルコ語)

“SandyBridge-E”およびX79チップセットの問題に悩まされはしたものの、Intelは“SandyBridge-E”+Intel X79を2011年のうちに投入するようである。
DonanimHaber.comがリークしたスライドによると、Intel X79チップセットのPlartform Launchの時期が2011年第46~47週―つまり11月14日~27日と記されている。さらにDonanimHarber.comはこれを踏まえて“SandyBridge-E”+Intel X79のローンチ予定日が11月15日であると述べている。
 
まず第1弾として登場する“SandyBridge-E”は3種類―上からCore i7 3960X, i7 3930K, i7 3820である。価格は順に$999、$583、$294となる。新たなフラッグシップとなるCore i7 3960Xは現行のCore i7 990Xと比較すると平均で15%の性能向上が図られたものとなる。特にメモリ帯域が重要となるアプリケーションやAVX命令を使うソフトではCore i7 3960Xはその性能を最大限発揮することになる。

Core i7 3960Xの性能についてはこちらが詳しく書いています。

Intel's Next-Gen "Sandy Bridge-E" Extreme Chip to Boost Performance by Up to 65% - Estimates.(X-bit labs)

“SandyBridge-E”のCore i7 Extreme Editionは現行の“Gulftown”のCore i7 Extreme Editionと比較して12~65%の性能向上が図られる。この性能向上は“SandyBridge”マイクロアーキテクチャによるものに加え、他の要素も絡んでいる。

今回の資料ではCore i7 3960XとCore i7 990Xの比較が行われており、これを見るとCore i7 3960Xは990Xと同コアであり周波数は若干低くなるにもかかわらず、幅広い場面で990Xを上回っている。これは“Nehalem / Westmere”系から“SandyBridge”系で施されたアーキテクチャの改良に加え、4ch DDR3対応メモリコントローラの導入によるものなどが貢献していると考えられる。

以下にCore i7 990Xを100%とした場合のCore i7 3960Xの性能を示します。

Core i7 3930XCore i7 990X
CPUコアSandyBridge-EGulftown
コア・スレッド数6-core
12-thread
6-core
12-thread
周波数3.30GHz
TB 3.90GHz
3.46GHz
TB 3.73GHz
キャッシュ構成L2=256kB x6
L3=15MB
L2=256kB x6
L3=12MB
Cinebench113100
POV-ray 3.7112100
3DMark 11 Phnysics Test136100
PorShow Gold 4.5115100
SPECint_rate base 2006134100
SPECfp_rate base 2006165100
Sandra 2011B/Multi-Media FP sub-test211100
Sandra 2011B/Memory Bandwidth FP sub-test192100


Core i7 990Xに対し安定した性能向上が認められます。最後の2つはAVX命令やメモリ帯域が生きてくるベンチマークであるため、その伸び幅も他と比較すると著しいものとなります。

さらにX-bit labsには第2陣の“SandyBridge-E”の存在についても言及しています。第2陣の“SandyBridge-E”は2012年第2四半期に予定されているようです。

Core i7(32nm / SandyBridge-E / LGA2011)
MNコア数
スレッド数
定格周波数
Turbo時周波数
キャッシュTDP対応メモリ価格
Core i7
3970X
*-core
**-thread
*.**GHz
TB *.**GHz
L2=256kB x*
L3=**MB
130W4ch DDR3
-1600
'12Q2
$***
Core i7
3960X
6-core
12-thread
3.30GHz
TB 3.90GHz
L2=256kB x6
L3=15MB
130W4ch DDR3
-1600
'11Q4
$999
Core i7
3940K
6-core
12-thread
*.**GHz
TB *.**GHz
L2=256kB x6
L3=**MB
130W4ch DDR3
-1600
'12Q2
$***
Core i7
3930K
6-core
12-thread
3.20GHz
TB 3.80GHz
L2=256kB x6
L3=12MB
130W4ch DDR3
-1600
'11Q4
$583
Core i7
3830
*-core
**-thread
*.**GHz
TB *.**GHz
L2=256kB x*
L3=**MB
130W4ch DDR3
-1600
'12Q2
$***
Core i7
3820
4-core
8-thread
3.60GHz
TB 3.90GHz
L2=256kB x4
L3=10MB
130W4ch DDR3
-1600
'11Q4
$293



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。