BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ツクモ、SandyBridge世代初のCeleronプロセッサーを採用した「Sencia LM1J-A32/N」発売  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツクモ、SandyBridge世代初のCeleronプロセッサーを採用した「Sencia LM1J-A32/N」発売

2011 - 09/12 [Mon] - 12:00

TSUKUMOブランドを展開するヤマダ電機グループの株式会社Project White(本社: 群馬県高崎市)は2011年9月9日、BTOモデル「eX.computer」シリーズのエントリーモデル「Sencia(センシア)」において、Intel新型CPU「Celeron G530」を採用した新製品「Sencia LM1J-A32/N」を発表した。基本構成売価は税込37.980円。


■SandyBridge世代初Celceron G530搭載コストパフォーマンスBTO

Sencia LM1J-A32/N 基本構成売価税込37,980円(発売中)
http://www.tsukumo.co.jp/bto/sencia_2.html

 「Sencia LM1J-A32/N」(基本構成売価税込37,980円)は、SandyBrige世代初となるデュアルコアCeleronプロセッサー「Celeron G530」を搭載するミニタワーPCの新製品。
 バリューモデルという位置付けながらサンマックス・テクノロジーズ社の高品質メモリを搭載するなど、安定動作にも考慮されたパーツが使用されている。
 また、事前にバックアップを実行しておけば万が一OSが起動しなくなった場合にも初期状態に復元できる専用バックアップソフト「eX.Backup」をプリインストール。OSは、Windows 7 Home Premium SP1(32bit/64bit選択可能)で、予算や利用用途に応じたカスタマイズに対応する。詳細なスペックは以下の通り。

Sencia LM1J-A32/N 基本構成
CPUIntel Celeron G530
(デュアルコア/2.40GHz/キャッシュ2MB)
マザーボードIntel H61 Express(MSI「H61M-E33」MicroATX)
メモリDDR3 2GB(PC3-10600)
HDD500GB(SATA2.0/3Gbps)
VGAIntel HD Graphics
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
インターフェイス前面:USB2.0×2、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1
背面:DVI-D×1、HDMI×1、D-Sub×1
通信機能ギガビットLAN
サウンドオンボード
PCケースeX.computerオリジナル MicroATXミニタワーケース
(EX1-386-3SB)
電源ユニット355W(定格255W)
外形寸法W180×D405×H350mm
OSWndows 7 Home Premium 32bit/64bit選択可能
カスタマイズ対応
保証1年間


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。