BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 低電費 GIGABYTEがA75搭載Mini-ITXマザーを披露  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低電費 GIGABYTEがA75搭載Mini-ITXマザーを披露

2011 - 09/20 [Tue] - 12:00

 GIGABYTEは17日、秋葉原の自社ショールームでファン交流イベントを開催。PCの消費電力を大幅に減らす独自のユーティリティソフトと、10月発売予定の「AMD A75」チップセット搭載Mini-ITXマザーボードを公開した。

GIGABYTEショールームで行なわれた、ユーザーと日本ギガバイトスタッフとの交流会

TDP=低電費
どこかで聞いたような……

 6月末に「一発で省電力設定ができるソフトが欲しい」とGIGABYTEの副社長に対して提案したのだが、その声が届いたのだろうか? 台湾のGIGABYTE本社が「電力不足に悩む日本のために何かしたい!」ということで、PCの消費電力を削減するユーティリティソフトを開発してくれた。

TDP=低電費。なぜTDPなのかって? カッコイイからだよ!

 それが「GIGABYTE TDP ユーティリティ」だ。TDPというと、自作PCユーザーは“プロセッサの最大放熱量”を連想してしまうが、このTDPは違う。なんと低電費のことだという。自動車のCMで似たような話を耳にしたことがあるが、きっと気のせいだろう。
 このユーティリティは、準備が整い次第、同社のウェブサイトからダウンロード可能となる。

PCの消費電力を削減する「GIGABYTE TDP ユーティリティ」。使用するCPUコアが1コアのみになるが、ウェブブラウジングやメールチェック程度なら1コア動作でもまったくストレスを感じないという

 実際にGIGABYTE TDP ユーティリティを使用すると、使用するCPUコアを1コアのみに制限し、シリアルポートなどのあまり使われないデバイスが無効となる。また、同社独自の電力制御ツール「Dynamic Energy Saver 2」(DES2)の節電機能も最高レベルに設定される。この思い切った節電設定により、消費電力を極端に落とせるという。

TDPの実演。CPU負荷100%で133Wを消費していたPCが、「GIGABYTE TDP ユーティリティ」を使うと80Wにまで消費電力が減った

「GA-A75N-USB3」の開発サンプルも披露

 イベントでは、10月上旬発売予定の「AMD A75」チップセット搭載Mini-ITXマザーボード「GA-A75N-USB3」も披露された。価格は未定だが、おそらく1万円前後になるとのこと。

本邦初公開のマザーボード「GA-A75N-USB3」。10月上旬発売予定

 「AMD A75」を搭載したMIni-ITXマザーの登場は、AsRockに続き2製品目となる。強力なグラフィックス能力を有するAMD Aシリーズだけに、Mini-ITXを使った小型のシステム構築を考えていたユーザーも多いはずだ。そういう人たちには、マザーボードの選択肢が増えたことになる。

基板左上にプリントされたリビジョンは0.1だった。このことからも披露されたマザーが初期サンプルであることがわかる


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。