BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > “SandyBridge-E”のオーバークロック方法  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“SandyBridge-E”のオーバークロック方法

2011 - 09/28 [Wed] - 12:00

How to overclock Sandy Bridge-E(NordicHardware)

“SandyBridge-E”は今までハイエンドを担ってきたLGA1366の後継として11月に登場する。現行の“SandyBridge-H2”の問題点は、ベースクロック向上によるオーバークロックが非常に難しいことである。しかし、“SandyBridge-E”ではこれがある程度解決される。
 
LGA1155の“SandyBridge-H2”でオーバークロックが可能なのは実質Core i5 2500KとCore i7 2600Kのみである。ベースクロックの変更はできてせいぜい5%がやっとであり、それ以上は故障の原因となる。“SandyBridge-H2”でベースクロック向上によるオーバークロックが極端に難しくなった原因はサウスブリッジとの関係である(CPUのベースクロックがサウスブリッジの他のコンポーネントと同期してしまう)。LGA2011も基本的には同様の制限がかかっている。だが、あらかじめ決められたステップへの変更は可能となる。

“SandyBridge-E”のベースクロック(BCLK)も100MHzである。このベースクロックそのものを上げるのは“SandyBridge-H2”同様困難で、せいぜい5MHz上下できればいいほうである。今までのCPUではベースクロックに倍率をかけたものが周波数となっていた。つまりベースクロック100MHzで34倍であれば100MHz×34で3400MHz(3.40GHz)である。

“SandyBridge-E”ではベースクロックと倍率に加えてもう1つ新たな要素が加わる。それがReference Clock Ratioである。“SandyBridge-E”ではBCLK×倍率×Refernce Clock Ratioで周波数が決定される。そしてRefernce Clock Ratioは(1×の他に)1.25×と1.66×の2種類が用意される。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。