BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > マウス、高さ約10cmでラックに収まるリビングPC  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウス、高さ約10cmでラックに収まるリビングPC

2011 - 09/29 [Thu] - 18:00

LUVLIBシリーズ

9月26日 発売

価格:99,750円~139,860円



 株式会社マウスコンピューターは、リビングPC「LUVLIB」シリーズ3モデルを9月26日より発売する。

 本体サイズが430×327.6×99.5mm(幅×奥行き×高さ)とAVラックに収まるリビングPC。フロントに5mm厚、カバーに2mm厚のアルミパネル、シャーシは樹脂部品の無いスチールのみで剛性を高めた。また、ウレタンフォーム「PORON」の制振ワッシャーを採用する。

 ネットワーク対応オーディオプレーヤーとの連携、スマートフォンやタブレットからの再生指示などが行なえる。TVチューナを搭載した場合は録画番組をDTCP-IP対応TVから再生できる。

 各種BTOに対応。内部ベイは3.5インチHDD用×2、2.5インチSSD用×1を備える。

本体内部本体背面

 下位モデル「LUVLIB i100B」は、Core i3-2120T(2.60GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 2TB、Intel H61 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)を搭載し、価格は99,750円。

 中位モデル「LUVLIB i100S」は、メモリ8GB、Blu-ray Discドライブに強化した構成で、価格は119,700円。上位モデル「LUVLIB i100X」は、さらに地上/BS/110度CSデジタルTVチューナ×2(リモコン付)を追加し、価格は139,860円。

 インターフェイスはUSB 3.0×2、USB 2.0×5、Gigabit Ethernet、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、マルチカードリーダ、音声入出力などを装備。ロジクール製ワイヤレスキーボード「K360」、ワイヤレスマウス「M515DS」が付属する。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!


スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。