BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > A8-3800 APUのレビュー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A8-3800 APUのレビュー

2011 - 10/05 [Wed] - 23:00

AMD's A8-3800 Fusion APU(The Tech Report)

AMDのデスクトップ向けA series APU(“Llano”)は強力なGPUを有するものの、TDP100Wという高い値がネックであった。しかし、AMDはTDP65Wの“Llano”も用意しており、これがより広く受け入れられるものになると考えられた。
製造プロセスの問題による“Llano”の供給不足が依然として続いてはいるもの、ここ最近になって各リテールショップがTDP65W版“Llano”の告知を出し始めるようになった。
今回The Tech ReportはA8-3800 APUのレビューをお届けする。
 
A8-3800 APUは4-coreで定格周波数:2.40GHz/TC時周波数:2.70GHzである。GPUはRadeon HD 6550D(400sp / 600MHz)を内蔵する。価格は$129でA8-3850 APUよりも若干安価に設定されている。IntelではCore i3 2100($117)やCore i3 2105($134)が近い価格帯のCPUとなるだろう。

以下にレビューのスコアを掲載します。各環境の共通スペックとしては単体GPUがGeForce GTX 460 1GB、ストレージがCorsiar Nov V128 S-ATA SSD、OSがWindows 7 Ultimate 64-bitとなります。

A8-3800A8-3850Core i5
2400
Core i3
2100
コア数4-core
4-thread
4-core
4-thread
4-core
4-thread
2-core
4-thread
周波数2.40GHz
TC 2.70GHz
2.90GHz3.10GHz
TB 3.40GHz
3.10GHz
Idle時
消費電力
iGPU38W39W34W
dGPU59W58W64W64W
Load時
消費電力
iGPU93W124W71W
dGPU114W145W129W107W
Civilization V26274236
no render637111283
unit bench9101612
unit bench
no render
25294430
F1 2010 Avg. fps41466660
Metro 2033 Avg.fps57659071
Battlefield; Bad Company 261698775
Valve Source engine particle simulation benchmark6169136101
SunSpider - JavaScript298 ms248 ms187 ms205 ms
7-Zip圧縮864310033136148867
解凍1002111254138929134
TrueCrypt183216516144
The Panorama Factory - Stitch25.7 sec21.9 sec12.1 sec19.6 sec
picCOLOR9.911.516.712.7
x264 HD video encodingPass 157.065.191.862.5
Pass 216.419.326.816.5
Windows Live Movie maker412 sec378 sec303 sec367 sec
Cinebench1 CPU0.740.871.381.25
x CPU2.963.475.143.02
Valve VRAD map build time168 sec143 sec78 sec129 sec
POV-Ray
rendering
benchmark350 sec294 sec210 sec284 sec
chess2103 sec85 sec55 sec96 sec
内蔵GPUベンチマーク
A8-3800A8-3850Core i3
2105
Core i3
2100
GPURadeon HD 6550DHD 3000HD 2000
Battlefield: Bad Company 229291611
StarCraft II25261410
Borderlands181897
Portal 249522014
Civilization V
Late game view
262697



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。