BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ASRockの“X79 Extreme 7”とASUSの“P9X79 Deluxe”の写真  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASRockの“X79 Extreme 7”とASUSの“P9X79 Deluxe”の写真

2011 - 10/12 [Wed] - 18:00

◇ASRock X79 Extreme 7
ASRock's X79 Extreme7 motherboard pictured in full(TechConnect Magazine)
ASRock X79 Extreme7 Full Board-Shots Surface(VR-Zone)
ASRock X79 Extreme7 Pictured(techPowerUp!)
ASRock Displays its Flagship X79 Extreme7 Motherboard for Sandy Bridge-E(WCCF Tech)

LGA1366の後継となるハイエンドデスクトップ向けプラットフォームはLGA2011の“SandyBridge-E”である。今回“SandyBridge-E”に対応するASRockのLGA2011マザーボード―“X79 Extreme 7”の写真が明らかになった。

“X79 Extreme 7”は2oz copper PCBを採用し、メモリはDDR3-2400+に対応するスロットを6本搭載する。ストレージはS-ATA 6.0Gbpsが4本、S-ATA 3.0Gbpsが7本となる。拡張スロットはPCI-Express x16が5本、PCIが1本で、SLI, CrossFire Xに対応する。チップセットの冷却にはファン付の冷却機構が搭載されている。

以下に詳細なスペックをまとめます。
 
X79 Extreme 7
規格ATX
SocketLGA2011
チップセットIntel X79
メモリ4ch DDR3-2400+
6スロットMax 96GB
拡張スロットPCI-Express 3.0 x16:4
PCI-Express 2.0 x4(x16スロット):1
PCI:1
SLI, CrossFire X対応
S-ATAS-ATA 6.0Gbps:4
S-ATA 3.0Gbps:7
eS-ATA:1
USB他I/OUSB 3.0:6
USB 2.0
FireWire
GigabiteEthernet:2
その他7.1ch Audio


登場は11月が予定されています。
“SandyBridge-E”は本来4ch DDR3対応メモリコントローラを搭載しますが、子のマザーボードはメモリスロットが6本と奇妙なことになっています。可能性としては3ch駆動で1chあたり2本という構成か、4ch駆動でうち2chは1chあたり2本で残り2chは1本という構成になりますが、VR-Zoneの記述を見る限りでは後者の構成のようです。



◇ASUS P9X79 Deluxe
ASUS X79 Chipset based P9X79 Deluxe Motherboard Unveiled(WCCF Tech)

ASUSのX79マザーボード―“P9P79 Deluxe”の写真が明らかになった。子のマザーボードはメモリスロットを8本搭載しており、拡張スロットはPCI-Express 3.0 x16スロットを4本、PCI-Express 2.0 x1スロットを2本搭載する。チップセットやVRM・電源回路は大型のヒートシンクとヒートパイプで構成された冷却機構が取り付けられている。

ストレージはS-ATA 6.0Gbpsが4本、S-ATA 3.0Gbpsが4本、eS-ATAが2本となる。

以下にスペックを掲載します。

P9X79 Deluxe
規格ATX
SocketLGA2011
チップセットIntel X79
メモリ4ch DDR3
8スロット
拡張スロットPCI-Express 3.0 x16:4
PCI-Express x1:2
S-ATAS-ATA 6.0Gbps:4
S-ATA 3.0Gbps:4
eS-ATA:2
USB他I/OUSB 3.0
USB 2.0:10
GigabiteEthernet:2
その他7.1ch Audio
UEFI BIOS




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。