BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > PCを使っていない人と初心者のためのPC  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCを使っていない人と初心者のためのPC

2011 - 10/14 [Fri] - 18:00

 NECパーソナルコンピュータ株式会社は11日、初心者層を対象とした「とことんサポートPC」の製品発表会を開催した。

 登壇したコンシューマPC商品企画本部の栗山浩一本部長は、「PCは生活になくてはならないものとなっているが、まだ初心者の方もお使いいただいていない方もいらっしゃる。この方々に使っていただけるPCを目指した」と語った。

ある調査によれば、PCを使っていない層は33%、初心者を入れると過半数を超える層が対象となるグループインタビューを積極的に行なった実際にユーザーにテストしてもらい、ひっかかりやすいところをチェックした
初心者がやりたいことの調査結果。ネット系は「やってないけどやりたい」が多い初心者が困るポイント。導入でひっかかり、使い方がわからない、困ったときに頼りになる人がいない

 企画にあたって、初心者やパソコン教室の講師にグループインタビューを行なった。また、ユーザーテストも重視し、年賀状作成や写真取り込みなどでつまずきやすい操作を洗い出したという。

ハードとソフト、サポートが一体となった商品液晶は15型、本体色は白キーボードは専用で、ローマ字入力で重要なキーが色分けされている
1回限りだが、出張設置サービスが付属するおてがるメニューの例「動画ナビ」と「おてがるモード」

 ハードウェア面では、専用のキーボードを備えた本体を用意した。ソフトウェア面では専用メニューソフトの「おてがるメニュー」、動画によるガイド「動画ナビ」、アプリの操作を単純化した「おてがるモード」を用意した。初心者が困難に感じる初期導入についても、無償で出張サービスが付属する。

専用のサポート窓口が用意される

 しかし、もっとも力を入れたのはサポート面で、専用のサポート窓口を用意した。この窓口では、用件を電話機のプッシュボタンで選択するなどの操作がなく、すぐにサポート要員が電話口に出る。また、サポートの内容も、NEC製品に限らず、インターネット上で調査がつく範囲ではあるが他社製品の使い方や特徴にも回答してくれる。ある意味で、コンシェルジュ的な専用窓口を用意した。

 また、通常は有料となるリモート操作によるサポートも標準で用意され、受付時間も夜10時まで延長されるなど、「これまでのサポート経験の蓄積を活かした」(栗山本部長)内容となっている。なお、この専用窓口によるサポートは、期間制限もなく無料で受けられる。

 会場では、「おてがるモード」を使った写真入り年賀状の作成が紹介された。また、サポート例としてtwitterのアイコンを自分の写真に変えるという内容で、他社製品とリモートサポートを含むデモが行なわれた。

おてがるモードで起動した「筆ぐるめ」。メニューがシンプルでわかりやすいまず、フォーマットの選択写真の選択。あとは、文章を自分なりに直すと完成
画面の左に「動画ナビ」を表示しながら操作することもできるOutlookのおてがるモードOffice用には各種テンプレートが用意される
テンプレートの例

 質疑応答では、サポート体制の充実に対する対価について質問があり、「この製品は一体であり、サポートだけを取り出して対価を公表していない」(同)とした。しかし、想定している販売価格は14万円前後としており、ベースとなった製品に対して3~4万円の差額があることを認めた。

左のウィンドウが「動画ナビ」によるYahoo! オークションの案内。インターネット上のサービスについては、おてがるメニューからのショートカットと、動画ナビでの紹介に留まる

 また、おてがるモードの対象ソフトが、ハガキ作成ソフトとOutlookであり、現時点のPCの使い方としては古めかしい印象がある、もっと携帯電話との連携やインターネット上のサービスについてサポートするべきではないかという質問に対しては、「今回は本体のみで楽しめるという点を重視し、また季節的にも年賀状に対して配慮した。携帯電話との連携についてはおいおいやっていきたい。また、インターネット上のサービスについては、サイト側の変化もあって、密接な連携はとれなかったが、動画ナビで使い方を紹介するという形でサポートしている」(同)と回答された。

 全体として初心者層に対して配慮された製品であることは間違いない。また、レノボから個人製品向けサポートを引き継ぐほどの実績とノウハウがある、NECのサポート能力を活かした製品でもある。せっかくの新ブランドなので、PCの魅力を分かりやすく伝えて使いこなすという役割を長く果たして欲しいと思う。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。