BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 第1世代“Bulldozer”のB3 steppingの話  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1世代“Bulldozer”のB3 steppingの話

2011 - 10/25 [Tue] - 18:00

AMD Bulldozer B3 stepping in development (NordicHardware)

AMD FX seriesが先週にローンチされたが、残念ながら期待に添う物ではなかった。性能も期待されていたほどでもなく、消費電力についても同様であった。
AMDの資料を見るとこの第1世代“Bulldozer”には新しいB3 steppingなる物が存在し、ひょっとするとこのB3 steppingが“Bulldozer”の抱える問題の一部を解決してくれる物になるかもしれない。

 
SteppingというのはProcessorあるいはその回路に加えられる比較的小規模な改良である。つまり、最初に得たシリコンにたいし、顕在化していないエラーや小規模な改良を加える物である。基本的には同じ回路であるが、Steppingが進むと少しではあるが改良が行われる。FX seriesのようなProcessorあるいはGPUのような大規模な回路では新Steppingを開発するのに3~4ヶ月ほどかかる。

第1世代“Bulldozer”の現在のSteppingはB2である。そのB2 steppingの前にはA0, A1, B0, B1 steppingがあり、現在に至るまで5個のsteppingがあったことになる。“Bulldozer”―Family 15hの資料を見ると、B2 steppingの次の6番目のsteppingとしてB3 steppingが記載されており、いくつかの改良が行われるだろう。

もちろんB2 steppingからB3 steppingへの移行で奇跡が起こることはない。しかし、より高い周波数で動作できるようになったり、あるいは消費電力が低減されたりということはあり、より良い物にはなるだろう。少なくともB3 steppingの存在は現在の“Bulldozer”をより良い物にする助けとなるはずである。
ただ、この新steppingがいつ登場するかはわからない。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。