BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ASRockのX79マザー2種  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASRockのX79マザー2種

2011 - 11/02 [Wed] - 18:00

◇X79 Extreme9
ASRock X79 Extreme9 Tops Off Lineup(VR-Zone)

ASRockはX79搭載マザーボードとして“X79 Extreme7”を準備しているが、もう1つ別のマザーを用意している。このもう1つのLGA2011マザーは“X79 Extreme7”よりも多機能なものとなり、ASRockのX79搭載LGA2011マザーボードの中では最上位に位置するものとなるだろう。そしてそのマザーボードこそが“X79 Extreme9”である。
 
“X79 Extreme9”は強力なDigital PWM電源回路を備え、2個の8-pin EPS電源コネクタを搭載する。メモリスロットは“X79 Extreme7”が6本だったのに対し“X79 Extreme9”では8本となっている。拡張スロットはPCI-Express 3.0 x16スロットが5本、PCI-Express x1スロットが1本である。
このマザーボードにはASRock "Game Blaster"と呼ばれるドーターボードが同梱される。“Game Blaster”は高品質な7.1ch audioを提供し、ゲーマーにふさわしいネットワークコントローラを備えるドータカードである。これについては確認が取れているわけではないが、NICはKiller、AudioはCreativeのチップが搭載されているのではないかと推測される。


ストレージも多数搭載できるようになっており、X79 PCH自身が有するS-ATA 6.0Gbps 2ポートとS-ATA 3.0Gbps 4ポートに加え、Marvellのコントローラを3個搭載してS-ATA 6.0Gbpsを6ポートを追加している。また“Game Blaster”とは別にマザーボード上にLANを搭載、この他I/OとしてFireWireやUSB 2.0、eS-ATAを備える。

X79 Extreme9
規格ATX
SocketLGA2011
チップセットIntel X79
メモリ4ch DDR3
8スロット
PCI-Exp.x16スロットGen. 3.0:5
拡張スロットPCI-Express x1:1
PCI:1
S-ATAS-ATA 6.0Gbps:8
S-ATA 3.0Gbps:6
eS-ATA
USB他I/OUSB 2.0
GigabiteEthernet
Firewire
Game Blaster7.1ch Audio
Gigabit Ethernet


チップセットの冷却機構は残念ながらファン付きです。メモリスロット8本ともなるとヒートパイプを這わせるスペースもなかなか確保しづらいようです。
S-ATAの数は合計14と圧倒的な数で、X79が“Patsburg-D”ベースであった頃のX79マザー試作ボードを思い出させます。



◇MicroATXの“X79 Extreme4-M”
ASRock Shows Off First LGA2011 Micro-ATX Motherboard(techPowerUp!)

ASRockはLGA2011マザーボードとしては初のMicroATX規格のマザーボード―“X79 Extreme4-M”を明らかにした。“X79 Extreme4-M”の寸法は240×240mmである。
電源回路は8-phase VRMで高品質なSolid-state chokesとdriver-MOSFETsを使用している。メモリスロットは4スロットである。拡張スロットはPCI-Express 3.0 x16スロットが3本と、PCIが1本である。


3本のPCI-Express 3.0 x16スロットはx16 / x8 / x16で動作する。チップセットの冷却はファン付きのものとなる。
ストレージはS-ATA 6.0Gbpsが2ポート、S-ATA 3.0Gbpsが4ポートである。この他、USB 3.0を4ポート、Gigabit Ethernet、8+2ch HD Audio等を備える。


X79 Extreme4-M
規格MicroATX
SocketLGA2011
チップセットIntel X79
メモリ4ch DDR3
4スロット
PCI-Exp.x16スロットGen. 3.0 x16:2
Gen 3.0 x8:1
拡張スロットPCI:1
S-ATAS-ATA 6.0Gbps:2
S-ATA 3.0Gbps:6
USB他I/OUSB 3.0:4
USB 2.0
GigabiteEthernet
Firewire
その他8+2ch HD Audio
UEFI BIOS




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。