BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > GF110版GeForce GTX 560 Tiの詳細スペック  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GF110版GeForce GTX 560 Tiの詳細スペック

2011 - 11/12 [Sat] - 18:00

GeForce GTX 560 Ti 448 Core specifications leaked(VR-Zone)

VR-Zoneでは先月GeForce GTX 560 TiにGF110コアを使用してCUDA core数を448としたものが登場すると報じた。今回このGeForce GTX 560 Tiの448sp版の詳細なスペックが明らかになった。
448sp版―あるいはGF110版のGeForce GTX 560 Tiのコア周波数はGeForce GTX 570と同じ数字となる。
 
GF110版GeForce GTX 560 TiのスペックであるがCUDA core数:448 / コア周波数:730MHz / Shader周波数:1460MHzとなる。コア・Shader周波数はGeForce GTX 570と同じ数字である。メモリ周波数は950MHz(3800MHz)でGeForce GTX 570の900MHz(3600MHz)より高い。一方、消費電力は210Wとなり、GF114版のGeForce GTX 560 Tiと比較すると40Wほど高くなっている。

性能および価格はGF114版GeForce GTX 560 TiとGeForce GTX 570の中間に位置する。現在~$280の価格帯は非常に混み合っているが、ここにさらにGF110版GeForce GTX 560 Tiが入り込むことになる。競合製品としてはOC版のRadeon HD 6950 2GBが想定されている。
ただ、このGF110版GeForce GTX 560 Tiは非常に限定されたものとなるようで、全世界での出荷数は10000未満になるとも言われている。GF110版GeForce GTX 560 Tiは当初よりメーカー独自仕様のカードの開発が自由となっており、各メーカーオリジナルのカードが出てくるものと思われる。


GeForce GTX 560 Ti / GTX 560のスペックを比較したものが以下となります。

GeForce GTX 560 TiGeForce GTX 560
コア/プロセスGF110/40nmGF114/40nmGF114/40nm
CUDA core数448384336
Texture unit数566456
コア周波数730MHz822MHz810~950MHz
Shader周波数1460MHz1644MHz1620~1900MHz
搭載メモリGDDR5?
1280MB?
GDDR5
1024MB
GDDR5
1024MB
メモリ周波数950MHz
(3800MHz)
1002MHz
(4008MHz)
1001~1122MHz
(4004~4488MHz)
メモリインターフェース320-bit256-bit256-bit
ROP数403232
TDP
PCI-Exp.電源
210W
6-pin x2?
170W
6-pin x2
***W
6-pin x2




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。