BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > Pentium 350  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pentium 350

2011 - 11/23 [Wed] - 11:00

Intel Pentium 350 CPU is available(CPU World)
Intel(R) Pentium(R) Processor 350
(3M Cache, 1.2 GHz)
(Intel Ark)

先週末、IntelのデータベースにPentium 350なるCPUが掲載された。
このPentium 350はブランド名こそPentiumであるものの、従来のCore i3やPentiumのULV版よりはXeon E3-1220Lに似た特徴を有している。まずはじめにPentium 350のコア数は2、周波数は1.20GHz、L3キャッシュ容量は3MBである。しかしPentiumながらHyperThreading technologyに対応しており、コア・スレッド数は2-core / 4-threadとなる。また、ECCメモリへ対応する。一方でGPUは搭載しない。ここまではXeon E3-1220Lに良く似たスペックである。対応命令セットに関しては(Xeon E3-1220Lとは異なり)いくつか削られており、AESやAVX、TXTには対応しない。またTurbo Boost technologyも搭載しない。
TDPは15Wである。


◇Pentium(SandyBridge / 32nm / 2ch DDR3-1333 ECC)
  350 2-core/4-thread 1.20GHz L2=256kB x2/L3=3MB TDP15W

オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。