BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > Mobile版“IvyBridge”のラインナップのうち8種類が明らかに  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mobile版“IvyBridge”のラインナップのうち8種類が明らかに

2011 - 12/08 [Thu] - 11:00

Eight mobile Ivy Bridge processors revealed(NoridcHardware)
Ivy Bridge mobile CPU lineup revealed(CPU World)
Intel's mobile Ivy Bridge CPU line-up revealed(VR-Zone)

先日、デスクトップ向けの“IvyBridge”のラインナップが明らかになった。そして今回Mobile向け“IvyBridge”のラインナップが明らかになった。IntelはMobile向けにおいてもCore i7およびCore i5から投入を始め、これより下はまだしばらくは現行の“SandyBridge”が使われる。
 
“SandyBridge”では通常電圧版としてTDP35, 45, 55Wのモデルと、低電圧版としてTDP25Wのモデルが、超低電圧版としてTDP17Wのモデルがラインナップされていた。だが、このうちTDP25Wの低電圧版については収束の方向へ向かっていた。そして“IvyBridge”ではとうとうこのTDP25Wの低電圧版は廃止される。そのため、“IvyBridge”で用意されるのはTDP35, 45, 55Wの標準電圧版とTDP17Wの超低電圧版となる。なお前者はM series、後者はU seriesとも呼ばれることもあるようだ。

“IvyBridge”を使用したMobileプラットフォームの名称が“Chief River”である。“Chief River”で使用されるチップセットのうち一般向けは4種類で、通常のノートで使用されるのがHM75, HM76, HM77の3種類、低消費電力向けで使用されるのがUM77である。
HM75とHM76は非常によく似たスペックを有している。異なるのはUSB 3.0の対応の有無でHM76ではUSB 3.0に対応するが、HM75は非対応である。
HM77ではRAIDのサポートが加えられ、Smart Response technologyにも対応する。またUSB 2.0ポートをHM76, 75よりも2個多く搭載する。
UM77はHM77とよく似たスペックとなるが、S-ATAが合計で4ポートに減らされ、その構成もS-ATA 6.0Gbpsが1ポート、S-ATA 3.0Gbpsが3ポートとなる。またPCI-Expressは4本となり、USB 2.0も4ポートとなる。


CPUに目を向けるとまず最上位のCPUがCore i7 3920XMとなる。4-core / 8-threadで周波数は2.90GHzと現行の最上位モデルであるCore i7 2960XMよりも200MHz高い。内蔵GPUはHD 4000となる。

この下の4-core / 8-threadのCPUがCore i7 3820QMとCore i7 3720QMである。周波数はそれぞれ2.70GHzと2.60GHzである。
通常電圧版の2-core / 4-threadのCore i7としてはCore i7 3520Mがあり、周波数は2.90GHzとなる。


通常電圧版はこの下にCore i5が並び、今現在Core i5 3360Mとi5 3320Mの存在が明らかになっている。どちらも2-core / 4-threadで周波数はCore i5 3360Mが2.80GHz、i5 3320Mが2.60GHzである。
なおこれらDual-core CPUはいずれもDual-channel DDR3-1600に対応する。


U series―超低電圧版は今のところ2種類―Core i7 3367Uとi5 3427Uの2種類の存在がわかっている。どちらも2-core / 4-threadでCore i7 3367Uが2.00GHz、Core i5 3427Uが1.80GHzである。Core i7 3367UはTurboBoostにより2-core駆動時に3.00GHz、1-core駆動時に3.20GHzまで周波数が上昇する。Core i5 3427Uは2-core駆動時で2.60GHz、1-core駆動時で2.80GHzである。GPUは通常時350MHz、負荷時1150MHzとなる。

以下に今回明らかになったラインナップを示します。

Core i7 / i5(IvyBridge / 22nm / Mobile)
コア数
スレッド数
定格周波数
TC時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
GPU
EU数GPU周波数
Core i7
3920XM
4-core
8-thread
2.90GHz
TB 3.80GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
55W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/4
HD graphics 4000
**650MHz
1300MHz
Core i7
3820QM
4-core
8-thread
2.70GHz
TB 3.70GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
45W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/4
HD graphics 4000
**650MHz
1250MHz
Core i7
3720QM
4-core
8-thread
2.60GHz
TB 3.60GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
45W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/4
HD graphics 4000
**650MHz
1250MHz
Core i7
3520M
2-core
4-thread
2.90GHz
TB 3.60GHz
L2=256kB x2
L3=4MB
35W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/5
HD graphics 4000
**650MHz
1250MHz
Core i5
3360M
2-core
4-thread
2.80GHz
TB 3.50GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
35W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/5
HD graphics 4000
**650MHz
1200MHz
Core i5
3320M
2-core
4-thread
2.60GHz
TB 3.30GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
35W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/5
HD graphics 4000
**650MHz
1200MHz
Core i7
3667U
2-core
4-thread
2.00GHz
TB 3.20GHz
L2=256kB x2
L3=4MB
17W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/5
HD graphics 4000
**350MHz
1150MHz
Core i5
3427U
2-core
4-thread
1.80GHz
TB 2.80GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
17W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/5
HD graphics 4000
**350MHz
1150MHz




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!


スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。